• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2年目石川亮もロッテに揺さぶられ…日ハムが深刻“捕手難”

 開幕してまだ2カード目にもかかわらず、日本ハムが「窮地」に立たされている。シーズン前から不安視されていた捕手不足がいよいよ深刻になってきたからだ。

 チームの正捕手・大野奨太(28)は昨季痛めた右ヒジ痛からの回復が遅れ、現在二軍調整中。第2捕手の市川友也(29)も昨年末に受けたヘルニア手術のリハビリと右足ふくらはぎ痛で復帰のメドは立っていない。

 開幕カードでは昨季捕手から三塁に転向した近藤健介(21)を起用したものの、コンバートのきっかけにもなったイップスが再発した。

 31日のロッテ戦はプロ2年目で昨季1試合しか出場経験のない石川亮(19)が先発マスクをかぶり、ロッテ打線にいいようにかき回された。日本ハムOBが言う。

「石川は強肩に加え強気のリードが持ち味なのですが、一軍レベルとなるとまだまだ。特にリード面では先発陣の信頼を得ていません。この日のように連打を浴び、塁上の走者にかき回されてしまうとパニックになるのか、歯止めがきかないのです。かといって送球イップスに悩む近藤は、足を使って揺さぶってくるロッテのようなチームとの対戦では使えません。ベンチにはコーチ兼任の中嶋(聡=46)もいるとはいえ、衰えもあって先発マスクはムリですからね」

 試合後の栗山監督は先発マスクをかぶった石川について「われわれももっとやれることがあっただろうし……。次に生かせるように頑張ってもらいたい」と言ったが、捕手難は当分、解消されそうもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る