2年目石川亮もロッテに揺さぶられ…日ハムが深刻“捕手難”

公開日: 更新日:

 開幕してまだ2カード目にもかかわらず、日本ハムが「窮地」に立たされている。シーズン前から不安視されていた捕手不足がいよいよ深刻になってきたからだ。

 チームの正捕手・大野奨太(28)は昨季痛めた右ヒジ痛からの回復が遅れ、現在二軍調整中。第2捕手の市川友也(29)も昨年末に受けたヘルニア手術のリハビリと右足ふくらはぎ痛で復帰のメドは立っていない。

 開幕カードでは昨季捕手から三塁に転向した近藤健介(21)を起用したものの、コンバートのきっかけにもなったイップスが再発した。

 31日のロッテ戦はプロ2年目で昨季1試合しか出場経験のない石川亮(19)が先発マスクをかぶり、ロッテ打線にいいようにかき回された。日本ハムOBが言う。

「石川は強肩に加え強気のリードが持ち味なのですが、一軍レベルとなるとまだまだ。特にリード面では先発陣の信頼を得ていません。この日のように連打を浴び、塁上の走者にかき回されてしまうとパニックになるのか、歯止めがきかないのです。かといって送球イップスに悩む近藤は、足を使って揺さぶってくるロッテのようなチームとの対戦では使えません。ベンチにはコーチ兼任の中嶋(聡=46)もいるとはいえ、衰えもあって先発マスクはムリですからね」

 試合後の栗山監督は先発マスクをかぶった石川について「われわれももっとやれることがあっただろうし……。次に生かせるように頑張ってもらいたい」と言ったが、捕手難は当分、解消されそうもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  3. 3

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  4. 4

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  7. 7

    鈴木保奈美&石橋貴明が離婚 「ユーチューブで発表」は夫への“餞別”代わりか

  8. 8

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    ペスト大流行を生んだ巨大モンゴル帝国 盛衰のカギは銀だった

もっと見る