日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2年目石川亮もロッテに揺さぶられ…日ハムが深刻“捕手難”

 開幕してまだ2カード目にもかかわらず、日本ハムが「窮地」に立たされている。シーズン前から不安視されていた捕手不足がいよいよ深刻になってきたからだ。

 チームの正捕手・大野奨太(28)は昨季痛めた右ヒジ痛からの回復が遅れ、現在二軍調整中。第2捕手の市川友也(29)も昨年末に受けたヘルニア手術のリハビリと右足ふくらはぎ痛で復帰のメドは立っていない。

 開幕カードでは昨季捕手から三塁に転向した近藤健介(21)を起用したものの、コンバートのきっかけにもなったイップスが再発した。

 31日のロッテ戦はプロ2年目で昨季1試合しか出場経験のない石川亮(19)が先発マスクをかぶり、ロッテ打線にいいようにかき回された。日本ハムOBが言う。

「石川は強肩に加え強気のリードが持ち味なのですが、一軍レベルとなるとまだまだ。特にリード面では先発陣の信頼を得ていません。この日のように連打を浴び、塁上の走者にかき回されてしまうとパニックになるのか、歯止めがきかないのです。かといって送球イップスに悩む近藤は、足を使って揺さぶってくるロッテのようなチームとの対戦では使えません。ベンチにはコーチ兼任の中嶋(聡=46)もいるとはいえ、衰えもあって先発マスクはムリですからね」

 試合後の栗山監督は先発マスクをかぶった石川について「われわれももっとやれることがあっただろうし……。次に生かせるように頑張ってもらいたい」と言ったが、捕手難は当分、解消されそうもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事