若手有望株いない日本男子ツアーを「甘い世界」と評論家酷評

公開日: 更新日:

【東建ホームメイトカップ】(三重・東建多度CC=7081ヤード・パー71)

 すでに6試合を消化した国内女子ツアーに遅れること1カ月半、ようやく男子ツアーが開幕した。

 初日、7アンダーで単独トップに立ったのは、プロ15年目ながらツアー未勝利の市原弘大(32)というのだから、いかにも地味。その市原も2日目、77を叩いて34位タイに交代。初日10位の片岡大育(26)が2位タイと健闘しているが、知名度はイマイチ。人気が低迷する男子ツアーを象徴するような開幕初戦だ。

 市原は埼玉平成高時代に「日本ジュニア」を制し、3年連続で「世界ジュニア」に出場。輝かしい実績を引っさげて、高校卒業後にプロ転向、大物ルーキーとして活躍が期待されたが、ケガやイップスで鳴かず飛ばずだった。

 その市原もすでに30歳を越えている。先のマスターズで21歳のJ・スピースがファンの期待に応えてメジャー初制覇。若手がツアーを盛り上げているのだが、日本ツアーには20代で強い選手が見当たらない。どうしてか。評論家の宮崎紘一氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  8. 8

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る