若手有望株いない日本男子ツアーを「甘い世界」と評論家酷評

公開日: 更新日:

【東建ホームメイトカップ】(三重・東建多度CC=7081ヤード・パー71)

 すでに6試合を消化した国内女子ツアーに遅れること1カ月半、ようやく男子ツアーが開幕した。

 初日、7アンダーで単独トップに立ったのは、プロ15年目ながらツアー未勝利の市原弘大(32)というのだから、いかにも地味。その市原も2日目、77を叩いて34位タイに交代。初日10位の片岡大育(26)が2位タイと健闘しているが、知名度はイマイチ。人気が低迷する男子ツアーを象徴するような開幕初戦だ。

 市原は埼玉平成高時代に「日本ジュニア」を制し、3年連続で「世界ジュニア」に出場。輝かしい実績を引っさげて、高校卒業後にプロ転向、大物ルーキーとして活躍が期待されたが、ケガやイップスで鳴かず飛ばずだった。

 その市原もすでに30歳を越えている。先のマスターズで21歳のJ・スピースがファンの期待に応えてメジャー初制覇。若手がツアーを盛り上げているのだが、日本ツアーには20代で強い選手が見当たらない。どうしてか。評論家の宮崎紘一氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る