若手有望株いない日本男子ツアーを「甘い世界」と評論家酷評

公開日:  更新日:

【東建ホームメイトカップ】(三重・東建多度CC=7081ヤード・パー71)

 すでに6試合を消化した国内女子ツアーに遅れること1カ月半、ようやく男子ツアーが開幕した。

 初日、7アンダーで単独トップに立ったのは、プロ15年目ながらツアー未勝利の市原弘大(32)というのだから、いかにも地味。その市原も2日目、77を叩いて34位タイに交代。初日10位の片岡大育(26)が2位タイと健闘しているが、知名度はイマイチ。人気が低迷する男子ツアーを象徴するような開幕初戦だ。

 市原は埼玉平成高時代に「日本ジュニア」を制し、3年連続で「世界ジュニア」に出場。輝かしい実績を引っさげて、高校卒業後にプロ転向、大物ルーキーとして活躍が期待されたが、ケガやイップスで鳴かず飛ばずだった。

 その市原もすでに30歳を越えている。先のマスターズで21歳のJ・スピースがファンの期待に応えてメジャー初制覇。若手がツアーを盛り上げているのだが、日本ツアーには20代で強い選手が見当たらない。どうしてか。評論家の宮崎紘一氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  5. 5

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  6. 6

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  7. 7

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  8. 8

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    狡猾な安倍政権、弱体化するメディア…6年弱で国は変貌

もっと見る