• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

若手有望株いない日本男子ツアーを「甘い世界」と評論家酷評

【東建ホームメイトカップ】(三重・東建多度CC=7081ヤード・パー71)

 すでに6試合を消化した国内女子ツアーに遅れること1カ月半、ようやく男子ツアーが開幕した。

 初日、7アンダーで単独トップに立ったのは、プロ15年目ながらツアー未勝利の市原弘大(32)というのだから、いかにも地味。その市原も2日目、77を叩いて34位タイに交代。初日10位の片岡大育(26)が2位タイと健闘しているが、知名度はイマイチ。人気が低迷する男子ツアーを象徴するような開幕初戦だ。

 市原は埼玉平成高時代に「日本ジュニア」を制し、3年連続で「世界ジュニア」に出場。輝かしい実績を引っさげて、高校卒業後にプロ転向、大物ルーキーとして活躍が期待されたが、ケガやイップスで鳴かず飛ばずだった。

 その市原もすでに30歳を越えている。先のマスターズで21歳のJ・スピースがファンの期待に応えてメジャー初制覇。若手がツアーを盛り上げているのだが、日本ツアーには20代で強い選手が見当たらない。どうしてか。評論家の宮崎紘一氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  10. 10

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

もっと見る