• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スピースのマスターズV支えた専属キャディーの“異色経歴”

「私たちは兄弟のようだ」とスピースが語るのは、専属キャディーのマイケル・グレラー(37)のことだ。

 ゴルフ好きのスクラッチプレーヤーだったグレラーは小学校で算数と科学を教える教員。ボランティアで試合に出場する選手のキャディーバッグを担いでいた。地元開催の2011年全米ジュニアアマではバッグを担ぐ選手が棄権。代わりにバッグを担ぐ選手を探していたのを知ったスピースが、グレラーに電話したのが2人の関係の始まり。この大会が2人の初優勝だった。

 その後も「スピースを助ける」と12年全米オープンでも休暇をとってローアマに貢献。スピースがプロ転向を決めると、教職を辞めて専属キャディーになる決心をしたのだ。無名時代からの付き合いで、気心も通じており、算数、科学の先生だけに考え方も論理的で、しっかりしている。スピースの21歳とは思えない落ち着きあるプレーは、グレラーの力ともいえる。

 米ツアーでは昔から名選手には名キャディーありといわれる。スピース・グレラーコンビはこれからも勝ち続けるに違いない。

(ゴルフライター・吉川英三郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る