スピースのマスターズV支えた専属キャディーの“異色経歴”

公開日:  更新日:

「私たちは兄弟のようだ」とスピースが語るのは、専属キャディーのマイケル・グレラー(37)のことだ。

 ゴルフ好きのスクラッチプレーヤーだったグレラーは小学校で算数と科学を教える教員。ボランティアで試合に出場する選手のキャディーバッグを担いでいた。地元開催の2011年全米ジュニアアマではバッグを担ぐ選手が棄権。代わりにバッグを担ぐ選手を探していたのを知ったスピースが、グレラーに電話したのが2人の関係の始まり。この大会が2人の初優勝だった。

 その後も「スピースを助ける」と12年全米オープンでも休暇をとってローアマに貢献。スピースがプロ転向を決めると、教職を辞めて専属キャディーになる決心をしたのだ。無名時代からの付き合いで、気心も通じており、算数、科学の先生だけに考え方も論理的で、しっかりしている。スピースの21歳とは思えない落ち着きあるプレーは、グレラーの力ともいえる。

 米ツアーでは昔から名選手には名キャディーありといわれる。スピース・グレラーコンビはこれからも勝ち続けるに違いない。

(ゴルフライター・吉川英三郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る