スピースのマスターズV支えた専属キャディーの“異色経歴”

公開日:  更新日:

「私たちは兄弟のようだ」とスピースが語るのは、専属キャディーのマイケル・グレラー(37)のことだ。

 ゴルフ好きのスクラッチプレーヤーだったグレラーは小学校で算数と科学を教える教員。ボランティアで試合に出場する選手のキャディーバッグを担いでいた。地元開催の2011年全米ジュニアアマではバッグを担ぐ選手が棄権。代わりにバッグを担ぐ選手を探していたのを知ったスピースが、グレラーに電話したのが2人の関係の始まり。この大会が2人の初優勝だった。

 その後も「スピースを助ける」と12年全米オープンでも休暇をとってローアマに貢献。スピースがプロ転向を決めると、教職を辞めて専属キャディーになる決心をしたのだ。無名時代からの付き合いで、気心も通じており、算数、科学の先生だけに考え方も論理的で、しっかりしている。スピースの21歳とは思えない落ち着きあるプレーは、グレラーの力ともいえる。

 米ツアーでは昔から名選手には名キャディーありといわれる。スピース・グレラーコンビはこれからも勝ち続けるに違いない。

(ゴルフライター・吉川英三郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る