スピースのマスターズV支えた専属キャディーの“異色経歴”

公開日: 更新日:

「私たちは兄弟のようだ」とスピースが語るのは、専属キャディーのマイケル・グレラー(37)のことだ。

 ゴルフ好きのスクラッチプレーヤーだったグレラーは小学校で算数と科学を教える教員。ボランティアで試合に出場する選手のキャディーバッグを担いでいた。地元開催の2011年全米ジュニアアマではバッグを担ぐ選手が棄権。代わりにバッグを担ぐ選手を探していたのを知ったスピースが、グレラーに電話したのが2人の関係の始まり。この大会が2人の初優勝だった。

 その後も「スピースを助ける」と12年全米オープンでも休暇をとってローアマに貢献。スピースがプロ転向を決めると、教職を辞めて専属キャディーになる決心をしたのだ。無名時代からの付き合いで、気心も通じており、算数、科学の先生だけに考え方も論理的で、しっかりしている。スピースの21歳とは思えない落ち着きあるプレーは、グレラーの力ともいえる。

 米ツアーでは昔から名選手には名キャディーありといわれる。スピース・グレラーコンビはこれからも勝ち続けるに違いない。

(ゴルフライター・吉川英三郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る