記録ずくめの独走 マスターズ初Vは「スピース時代」の幕開け

公開日:  更新日:

 今年はジョーダン・スピースの圧勝劇だった。

 最年少優勝記録こそタイガー・ウッズが持つ21歳3カ月(スピース21歳8カ月)に届かずに大会史上2番目だったが、初日から首位の座を一度も明け渡さない完全優勝は1976年大会のレイモンド・フロイド以来39年ぶりの快挙。また通算18アンダーも97年大会でウッズがマークした記録に並んだ。

 大会直前にはポスト・タイガーのV候補筆頭として注目され、米ゴルフファンが期待したスピースの勝利で、ウッズの不振から人気が低迷していた米ツアーはまた盛り上がりそうだ。

 スタート時点で同組の2位J・ローズとは4打差。その貯金が大きかった。ローズが1番パー4で2.5メートルのバーディーパットを決めると、スピースもすぐに2メートルを入れ返して差が縮まらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る