なぜ日本ツアー賞金王・小田にマスターズ招待状が届かない?

公開日:  更新日:

「(マスターズの)招待状が届いたら、練習ラウンドに行きたい。海外でも良い成績をあげたい」

 年明けに今年の抱負を語ったのは、昨季の日本ツアー賞金王・小田孔明(36)だ。

 ところが、肝心の招待状がまだ手元に届いていない。日刊ゲンダイが今月6日に所属事務所に問い合わせたところ、「届いていません」との回答だった。一般的にはマスターズ委員会からの招待状は、1月中にはすべて発送が終わって、松山英樹(22)のもとにはすでに昨年12月末に届いてる。ただ2012年には、3月上旬になって石川遼(23)の特別枠での出場が決まったこともあり、可能性はゼロではないが、この時の石川は賞金王ではなかった。

 日本ツアーにとって賞金王が出場できないとなれば、“事件”だ。日本にツアー制度が発足した1973年以降、賞金王でマスターズに出場できなかったのは前田新作(1984年)だけだ。つまり、31年ぶりに賞金王に招待状が来ないのである。これは一体、何を意味するのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る