なぜ日本ツアー賞金王・小田にマスターズ招待状が届かない?

公開日: 更新日:

「(マスターズの)招待状が届いたら、練習ラウンドに行きたい。海外でも良い成績をあげたい」

 年明けに今年の抱負を語ったのは、昨季の日本ツアー賞金王・小田孔明(36)だ。

 ところが、肝心の招待状がまだ手元に届いていない。日刊ゲンダイが今月6日に所属事務所に問い合わせたところ、「届いていません」との回答だった。一般的にはマスターズ委員会からの招待状は、1月中にはすべて発送が終わって、松山英樹(22)のもとにはすでに昨年12月末に届いてる。ただ2012年には、3月上旬になって石川遼(23)の特別枠での出場が決まったこともあり、可能性はゼロではないが、この時の石川は賞金王ではなかった。

 日本ツアーにとって賞金王が出場できないとなれば、“事件”だ。日本にツアー制度が発足した1973年以降、賞金王でマスターズに出場できなかったのは前田新作(1984年)だけだ。つまり、31年ぶりに賞金王に招待状が来ないのである。これは一体、何を意味するのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  6. 6

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  7. 7

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  8. 8

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  9. 9

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る