羽川豊プロ マスターズに松山しか出場できない現実を憂う

公開日:  更新日:

 21歳と若いジョーダン・スピースが初日から首位の座を一度も譲らずに完全優勝したマスターズ。優勝スコア18アンダーはタイガー・ウッズが1997年大会にマークした最少スコア記録と同じ。メジャーといえば鏡のような、と形容される高速グリーンなどタフな設定でスコアが大きく伸びないものですが、今年は4日間アンダーパーが32選手と多かったのも天候に恵まれたからです。

 11番から13番までのアーメンコーナーは名物の気まぐれな風も穏やかで、大会前の雨の影響でグリーンはボールが止まりやすく、転がりが遅かった。

 パットはしっかりヒットでき、好スコア続出の条件がそろっていました。

 選手にとってデッドにピンを攻められたのです。

 勝ったスピースは2度目の出場で、前年は2位。その時から今年のマスターズに向けて十分に準備をしてきたのがわかります。大会前の3試合は優勝、2位、2位と好調をキープしてオーガスタに乗り込んでいます。ショットに不安がなく、グリーンに集中できたのが勝因なのですが、昨年の成績がやはり大きかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る