羽川豊プロ マスターズに松山しか出場できない現実を憂う

公開日: 更新日:

 21歳と若いジョーダン・スピースが初日から首位の座を一度も譲らずに完全優勝したマスターズ。優勝スコア18アンダーはタイガー・ウッズが1997年大会にマークした最少スコア記録と同じ。メジャーといえば鏡のような、と形容される高速グリーンなどタフな設定でスコアが大きく伸びないものですが、今年は4日間アンダーパーが32選手と多かったのも天候に恵まれたからです。

 11番から13番までのアーメンコーナーは名物の気まぐれな風も穏やかで、大会前の雨の影響でグリーンはボールが止まりやすく、転がりが遅かった。

 パットはしっかりヒットでき、好スコア続出の条件がそろっていました。

 選手にとってデッドにピンを攻められたのです。

 勝ったスピースは2度目の出場で、前年は2位。その時から今年のマスターズに向けて十分に準備をしてきたのがわかります。大会前の3試合は優勝、2位、2位と好調をキープしてオーガスタに乗り込んでいます。ショットに不安がなく、グリーンに集中できたのが勝因なのですが、昨年の成績がやはり大きかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  7. 7

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

  8. 8

    コロナ拡大は安倍政権の人災 国立感染研大リストラの大罪

  9. 9

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  10. 10

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る