羽川豊プロ マスターズに松山しか出場できない現実を憂う

公開日:  更新日:

 21歳と若いジョーダン・スピースが初日から首位の座を一度も譲らずに完全優勝したマスターズ。優勝スコア18アンダーはタイガー・ウッズが1997年大会にマークした最少スコア記録と同じ。メジャーといえば鏡のような、と形容される高速グリーンなどタフな設定でスコアが大きく伸びないものですが、今年は4日間アンダーパーが32選手と多かったのも天候に恵まれたからです。

 11番から13番までのアーメンコーナーは名物の気まぐれな風も穏やかで、大会前の雨の影響でグリーンはボールが止まりやすく、転がりが遅かった。

 パットはしっかりヒットでき、好スコア続出の条件がそろっていました。

 選手にとってデッドにピンを攻められたのです。

 勝ったスピースは2度目の出場で、前年は2位。その時から今年のマスターズに向けて十分に準備をしてきたのがわかります。大会前の3試合は優勝、2位、2位と好調をキープしてオーガスタに乗り込んでいます。ショットに不安がなく、グリーンに集中できたのが勝因なのですが、昨年の成績がやはり大きかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る