東京五輪採用目指しアピール 空手2団体「一致団結」の本気度

公開日: 更新日:

 当事者は歴史的な雪解けというのだが……。

 16日、20年東京五輪での追加種目採用を目指す全日本空手道連盟(全空連)は、長らく絶縁状態が続いていた国際空手道連盟極真会館と友好団体結成の覚書を交わした。互いに垣根を越えて協力体制を敷き、東京五輪での空手競技の実施を目指すという。

 会見した全空連の笹川尭会長は「今後はそれぞれの団体を尊重しながらやっていく。(極真側に)五輪を目指す選手がいれば、友好団体として指導者も派遣する」と全面的な支援を打ち出した。

 極真会館の松井章圭館長は「これを機に空手の社会的地位の向上を図り、一致団結してやっていきたい」と話した。

 これまで空手は五輪の実施競技の候補に挙がりながら、国際オリンピック委員会(IOC)に流派分裂が問題点のひとつとされ、落選してきた経緯がある。今回の友好関係構築は、IOCなどに協調姿勢をアピールする狙いがあるのだが、これで両団体が「団結」したとは言い難い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  8. 8

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る