東京五輪採用目指しアピール 空手2団体「一致団結」の本気度

公開日:  更新日:

 当事者は歴史的な雪解けというのだが……。

 16日、20年東京五輪での追加種目採用を目指す全日本空手道連盟(全空連)は、長らく絶縁状態が続いていた国際空手道連盟極真会館と友好団体結成の覚書を交わした。互いに垣根を越えて協力体制を敷き、東京五輪での空手競技の実施を目指すという。

 会見した全空連の笹川尭会長は「今後はそれぞれの団体を尊重しながらやっていく。(極真側に)五輪を目指す選手がいれば、友好団体として指導者も派遣する」と全面的な支援を打ち出した。

 極真会館の松井章圭館長は「これを機に空手の社会的地位の向上を図り、一致団結してやっていきたい」と話した。

 これまで空手は五輪の実施競技の候補に挙がりながら、国際オリンピック委員会(IOC)に流派分裂が問題点のひとつとされ、落選してきた経緯がある。今回の友好関係構築は、IOCなどに協調姿勢をアピールする狙いがあるのだが、これで両団体が「団結」したとは言い難い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る