東京五輪野球復活 “キャスチングボート”握る米国ビッグマネー

公開日:  更新日:

 スポーツ紙風に言えば、「東京五輪の野球復活に追い風」か。

 20年東京五輪での復帰を目指す世界野球ソフトボール連盟が3日、キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長の息子、アントニオ・カストロ氏が復帰キャンペーンの国際大使を務めると発表した。

 20年東京五輪では開催都市に追加種目の提案権が認められている。スポーツマスコミは野球とソフトボールの実施を当たり前のように報じているものの、東京にあるのはあくまでも追加種目の「提案権」。IOC(国際オリンピック委員会)に却下される可能性もあるわけで、肝心なのはIOCの意向なのだ。

 IOCの委員が最も多いのはヨーロッパ。バッハ会長はドイツ人だ。しかし、カギを握るのは欧州より米国の意思だ。

 昨年5月、米国のテレビ局NBCは32年まで6大会分の放映権を約7800億円で購入した。五輪の収入のほぼ半分は放映権料といわれ、その大半を米NBCが拠出。協賛金の多くも米企業が捻出している。極端な言い方をすれば、五輪は米国のサイフなしに成り立たない。その米国が野球に関しては「五輪よりWBC」のスタンスを今も、そして今後も崩すつもりはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る