東京五輪の年 NHK大河候補リストに「北条早雲」浮上の理由

公開日: 更新日:

 NHK大河ドラマ「花燃ゆ」がくすぶっている。初回視聴率16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を一度も上回ることなく、今週5日(第14話)放送は11.2%で自己ワースト記録を更新。早くも視聴率1ケタの危険水域に達している。

 苦戦の理由を挙げれば複数あるが、「幕末男子の育て方。」なる軟派なコピーは痛かった。長年の大河ファンから大ヒンシュクを買い、肝心な新規顧客の開拓もできずじまいのダブルパンチ……。

 おまけに、小道具として用いた禁書の表紙にパソコンのフォントを使ってしまい、専門家から時代考証のズサンぶりを指摘されるなど制作側の脇とツメの甘さが見て取れる。この間のNHK籾井会長の問題言動もあり、視聴意欲を打ち消す材料がてんこ盛りなのだ。

 作家の麻生千晶氏が言う。

「“禁断の幕末モノ”を取り上げたこと自体、いただけません。何度も指摘しているように、幕末は激動の時代で主要人物も舞台も多岐にわたるため散漫になりやすく、描き切るには相当な脚本の力が求められる。『花燃ゆ』は2人がかりでお書きになっているようですが、残念ながら及第点には程遠い内容です。それでも井伊直弼役の高橋英樹を筆頭に時代劇の大御所俳優陣がなんとかもり立てており、ベテランならではの安定した演技は見るに値する。主演の井上真央は演技力のある女優ですが、今のところ、立ち聞きするか、城下や土手を歩くぐらいしか見せ場がない。実力派の大沢たかおと夫婦になるところまで進めば物語自体に多少なりとも動きが加わり、見ごたえも出てくるのでしょうが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る