日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

有明コート「13面減」 錦織フィーバーに水差す東京五輪計画

 子供の夢を奪うためのオリンピックなのか。全豪オープンで、錦織圭が26日、ベスト8に進出。過熱一途の錦織フィーバーに水を差すのが、東京都の五輪計画だ。

 問題なのは、5年後に東京五輪のテニス会場となる「有明テニスの森公園」(江東区)の改修計画だ。その内容は、「収容人数を増やすため、現行48面の屋外コートを整備し、35面に減らす」というもの。差し引き13面のコートがソックリなくなってしまうのだ。

「都に情報開示請求したところ、13面のコートがなくなることで、年間約8万人がテニスをする機会を奪われるようです。ただでさえ、2013年11月の休日の予約倍率は53・7倍。さらにコートを減らせば、予約を取るのはほぼ不可能な“プラチナコート”になるでしょう」(臨海都民連事務局の市川隆夫氏)

 全豪の大活躍を見てチビっ子が“未来の錦織”を夢見ても、プレーする場がなければ泡と消える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事