有明コート「13面減」 錦織フィーバーに水差す東京五輪計画

公開日: 更新日:

 子供の夢を奪うためのオリンピックなのか。全豪オープンで、錦織圭が26日、ベスト8に進出。過熱一途の錦織フィーバーに水を差すのが、東京都の五輪計画だ。

 問題なのは、5年後に東京五輪テニス会場となる「有明テニスの森公園」(江東区)の改修計画だ。その内容は、「収容人数を増やすため、現行48面の屋外コートを整備し、35面に減らす」というもの。差し引き13面のコートがソックリなくなってしまうのだ。

「都に情報開示請求したところ、13面のコートがなくなることで、年間約8万人がテニスをする機会を奪われるようです。ただでさえ、2013年11月の休日の予約倍率は53・7倍。さらにコートを減らせば、予約を取るのはほぼ不可能な“プラチナコート”になるでしょう」(臨海都民連事務局の市川隆夫氏)

 全豪の大活躍を見てチビっ子が“未来の錦織”を夢見ても、プレーする場がなければ泡と消える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

  9. 9

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る