• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

有明コート「13面減」 錦織フィーバーに水差す東京五輪計画

 子供の夢を奪うためのオリンピックなのか。全豪オープンで、錦織圭が26日、ベスト8に進出。過熱一途の錦織フィーバーに水を差すのが、東京都の五輪計画だ。

 問題なのは、5年後に東京五輪のテニス会場となる「有明テニスの森公園」(江東区)の改修計画だ。その内容は、「収容人数を増やすため、現行48面の屋外コートを整備し、35面に減らす」というもの。差し引き13面のコートがソックリなくなってしまうのだ。

「都に情報開示請求したところ、13面のコートがなくなることで、年間約8万人がテニスをする機会を奪われるようです。ただでさえ、2013年11月の休日の予約倍率は53・7倍。さらにコートを減らせば、予約を取るのはほぼ不可能な“プラチナコート”になるでしょう」(臨海都民連事務局の市川隆夫氏)

 全豪の大活躍を見てチビっ子が“未来の錦織”を夢見ても、プレーする場がなければ泡と消える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る