有明コート「13面減」 錦織フィーバーに水差す東京五輪計画

公開日:  更新日:

 子供の夢を奪うためのオリンピックなのか。全豪オープンで、錦織圭が26日、ベスト8に進出。過熱一途の錦織フィーバーに水を差すのが、東京都の五輪計画だ。

 問題なのは、5年後に東京五輪のテニス会場となる「有明テニスの森公園」(江東区)の改修計画だ。その内容は、「収容人数を増やすため、現行48面の屋外コートを整備し、35面に減らす」というもの。差し引き13面のコートがソックリなくなってしまうのだ。

「都に情報開示請求したところ、13面のコートがなくなることで、年間約8万人がテニスをする機会を奪われるようです。ただでさえ、2013年11月の休日の予約倍率は53・7倍。さらにコートを減らせば、予約を取るのはほぼ不可能な“プラチナコート”になるでしょう」(臨海都民連事務局の市川隆夫氏)

 全豪の大活躍を見てチビっ子が“未来の錦織”を夢見ても、プレーする場がなければ泡と消える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  9. 9

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

  10. 10

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

もっと見る