日本は願ったり 東京五輪「空手」採用へ世界連盟強気の理由

公開日: 更新日:

 2020年東京五輪で、「空手」が採用される可能性が高くなった。世界空手連盟が相手と対戦する「組手」の男女5階級で実施競技入りを目指していることが4日、わかったからだ。

 すでに野球・ソフトボールの採用はほぼ決定しているが、20年は新たに2競技が加わりそうだ。関係者はこう話す。

「国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は『開催国枠』に積極的、新しい競技を加えることに賛成している。野球・ソフトがそれだが、空手は日本ではもちろん、世界187カ国が加盟し、競技人口も世界で約6000万人(野球・ソフトは140の国・地域で合わせて約6200万人)と多く、広く海外でも人気があり普及している」

■会場新設の必要なし

 世界空手連盟を強気にさせている理由は、それだけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

  11. 10

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

もっと見る