<第18回>勉強会は早朝のグラウンド⇒帰りの車中⇒風呂場

公開日: 更新日:

 大谷には社会人野球までプロを志した父・徹(52)と、バドミントンの選手として全国大会で活躍した母・加代子(51)から受け継いだ遺伝子がある。

 しかし、いくら優れたDNAの持ち主でも、小学生のうちからコースによって左右に打ち分けたり、体を開かずに打つなんて、フツーの練習だけじゃ、できっこない。加代子によれば、大谷は漫画「巨人の星」の主人公・星飛雄馬のような少年時代を送ったわけではないという。

「小学校時代は外でわたしと、お姉ちゃんと3人でバドミントンをやるとか。家の中ではバドミントンの羽根を打つみたいなことはやっていましたね。野球を一生懸命やるというより、遊び感覚だった気がします。お父さんは仕事ですから、外でキャッチボールの相手はわたしでしたし。ただ、リトルの上のクラスになってからはもう、硬式ボールが痛くて痛くて。もっと、そっと投げてよ、と言っていました(笑い)」(加代子)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  8. 8

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  9. 9

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  10. 10

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る