<第15回>残業明けは一睡もせず翔平を連れてグラウンドへ

公開日: 更新日:

 大谷の父・徹(52)はかつて、プロ野球選手になることを夢見て社会人まで白球を追った。しかし、だからといって、幼い大谷に強引に野球を押し付けたわけではない。大谷がリトルで野球を始める前までは、自宅でも野球の話はほとんどしなかった。

 ただ、中学の野球部で汗を流す兄・龍太(27)の背中を追って、自分からやりたいと言ってからは違った。自分に教えられることといえば、野球くらい。長男に本格的にやらせてやれなかった分、次男に対しては悔いを残したくないという思いがあった。本人が望んでいる以上、出来る限りのことはしたいと考えた。

■7年強サポート

 徹は大谷が小学校2年の秋、水沢リトルに入ると同時に、「自分も勉強させてください」とチームのコーチを買って出た。リトルの練習は土日、祝日の朝9時から夕方5時まで。昼夜2交代制の勤務が夜番のときは朝まで仕事。残業があれば寝ずに、そのまま大谷を車に乗せて河川敷のグラウンドへ。夕方までノックバットを振った。大谷が中学生になり、リトルを卒業すると、一緒に一関シニアへ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  7. 7

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  10. 10

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

もっと見る