<第15回>残業明けは一睡もせず翔平を連れてグラウンドへ

公開日:  更新日:

 大谷の父・徹(52)はかつて、プロ野球選手になることを夢見て社会人まで白球を追った。しかし、だからといって、幼い大谷に強引に野球を押し付けたわけではない。大谷がリトルで野球を始める前までは、自宅でも野球の話はほとんどしなかった。

 ただ、中学の野球部で汗を流す兄・龍太(27)の背中を追って、自分からやりたいと言ってからは違った。自分に教えられることといえば、野球くらい。長男に本格的にやらせてやれなかった分、次男に対しては悔いを残したくないという思いがあった。本人が望んでいる以上、出来る限りのことはしたいと考えた。

■7年強サポート

 徹は大谷が小学校2年の秋、水沢リトルに入ると同時に、「自分も勉強させてください」とチームのコーチを買って出た。リトルの練習は土日、祝日の朝9時から夕方5時まで。昼夜2交代制の勤務が夜番のときは朝まで仕事。残業があれば寝ずに、そのまま大谷を車に乗せて河川敷のグラウンドへ。夕方までノックバットを振った。大谷が中学生になり、リトルを卒業すると、一緒に一関シニアへ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る