<第17回>「大谷伝説」の真贋

公開日:  更新日:

 水沢リトルには、いまも語り継がれる「大谷伝説」がある。

 胆沢川の河川敷の長方形の敷地にグラウンドが2面。国道4号から見て奥を小学校低学年のバンディッツ(山賊)、手前を高学年のパイレーツ(海賊)が使っていた。パイレーツは右翼フェンスまでの距離が60メートルくらい。大谷の打球は軽々とフェンスを越え、その10メートルほど先を流れる胆沢川にポンポン飛び込んだというのだ。

 硬式ボールの値段はバカにならない。あまりにも頻繁にボールを川に放り込むため、首脳陣が悲鳴を上げた。胆沢川に打ち込んだら罰金というルールができて、大谷はそれゆえに左翼方向への打撃を覚えたという尾ひれまでついた。

「そういうわけではないでしょうけど……」と、当時、水沢リトルでコーチ、監督をしていた父・徹(52)が、苦笑しながらこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る