<第17回>「大谷伝説」の真贋

公開日:  更新日:

 水沢リトルには、いまも語り継がれる「大谷伝説」がある。

 胆沢川の河川敷の長方形の敷地にグラウンドが2面。国道4号から見て奥を小学校低学年のバンディッツ(山賊)、手前を高学年のパイレーツ(海賊)が使っていた。パイレーツは右翼フェンスまでの距離が60メートルくらい。大谷の打球は軽々とフェンスを越え、その10メートルほど先を流れる胆沢川にポンポン飛び込んだというのだ。

 硬式ボールの値段はバカにならない。あまりにも頻繁にボールを川に放り込むため、首脳陣が悲鳴を上げた。胆沢川に打ち込んだら罰金というルールができて、大谷はそれゆえに左翼方向への打撃を覚えたという尾ひれまでついた。

「そういうわけではないでしょうけど……」と、当時、水沢リトルでコーチ、監督をしていた父・徹(52)が、苦笑しながらこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る