<第17回>「大谷伝説」の真贋

公開日: 更新日:

 水沢リトルには、いまも語り継がれる「大谷伝説」がある。

 胆沢川の河川敷の長方形の敷地にグラウンドが2面。国道4号から見て奥を小学校低学年のバンディッツ(山賊)、手前を高学年のパイレーツ(海賊)が使っていた。パイレーツは右翼フェンスまでの距離が60メートルくらい。大谷の打球は軽々とフェンスを越え、その10メートルほど先を流れる胆沢川にポンポン飛び込んだというのだ。

 硬式ボールの値段はバカにならない。あまりにも頻繁にボールを川に放り込むため、首脳陣が悲鳴を上げた。胆沢川に打ち込んだら罰金というルールができて、大谷はそれゆえに左翼方向への打撃を覚えたという尾ひれまでついた。

「そういうわけではないでしょうけど……」と、当時、水沢リトルでコーチ、監督をしていた父・徹(52)が、苦笑しながらこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  6. 6

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  7. 7

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  8. 8

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  9. 9

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  10. 10

    槇原逮捕で論争「世界に一つだけの花」が放送禁止になる日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る