• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第16回>あえて「左打ち」に変えた父の親心

 右利きの大谷は水沢リトルで硬式野球を始めた当初、右打ちだった。水沢リトルでコーチをしていた父・徹(52)はしかし、すぐ、左打ちに変えた。それは徹なりの親心だった。

「まさか、ずっとピッチャーをやっていくとは思わなかったのです」

 と、徹が苦笑しながらこう続ける。

「野球をやるからにはいろいろなポジションを経験していくのでしょうが、目指すところはピッチャーというのがあるじゃないですか。おそらくピッチャーをやっていくんでしょうけど、いつかはくじけるときがくると思ったのです。それが高校なのか大学なのかはわかりません。でも、いつかは……とね。足の速い子だったし、左打ちなら一塁まで一歩近い。内野安打になる確率も高い。左打ちの方が少し得かなと。いずれ野手になるときがくるだろうと思って、左で打たせるようにしたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る