<第16回>あえて「左打ち」に変えた父の親心

公開日:  更新日:

 右利きの大谷は水沢リトルで硬式野球を始めた当初、右打ちだった。水沢リトルでコーチをしていた父・徹(52)はしかし、すぐ、左打ちに変えた。それは徹なりの親心だった。

「まさか、ずっとピッチャーをやっていくとは思わなかったのです」

 と、徹が苦笑しながらこう続ける。

「野球をやるからにはいろいろなポジションを経験していくのでしょうが、目指すところはピッチャーというのがあるじゃないですか。おそらくピッチャーをやっていくんでしょうけど、いつかはくじけるときがくると思ったのです。それが高校なのか大学なのかはわかりません。でも、いつかは……とね。足の速い子だったし、左打ちなら一塁まで一歩近い。内野安打になる確率も高い。左打ちの方が少し得かなと。いずれ野手になるときがくるだろうと思って、左で打たせるようにしたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る