<第16回>あえて「左打ち」に変えた父の親心

公開日:  更新日:

 右利きの大谷は水沢リトルで硬式野球を始めた当初、右打ちだった。水沢リトルでコーチをしていた父・徹(52)はしかし、すぐ、左打ちに変えた。それは徹なりの親心だった。

「まさか、ずっとピッチャーをやっていくとは思わなかったのです」

 と、徹が苦笑しながらこう続ける。

「野球をやるからにはいろいろなポジションを経験していくのでしょうが、目指すところはピッチャーというのがあるじゃないですか。おそらくピッチャーをやっていくんでしょうけど、いつかはくじけるときがくると思ったのです。それが高校なのか大学なのかはわかりません。でも、いつかは……とね。足の速い子だったし、左打ちなら一塁まで一歩近い。内野安打になる確率も高い。左打ちの方が少し得かなと。いずれ野手になるときがくるだろうと思って、左で打たせるようにしたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る