<第14回>兄の背中を追うように野球を始めた

公開日:  更新日:

 大谷の実家のある水沢から盛岡方面へ、国道4号を車で15分ほど北上すると、東西に胆沢川が流れている。

 大谷が父・徹(52)に手を引かれるようにして、その河川敷のグラウンドに足を運んだのは小学2年生の晩夏、辺りのススキがうっすらと茶色に色付き始めたころだった。

 週末のグラウンドでは水沢リトルの選手たちがプレーしていた。胆沢川の水沢側の河川敷。長方形の敷地にグラウンドが2面。その奥を低学年のバンディッツ(山賊)、手前側を高学年のパイレーツ(海賊)が使っていた。

 大谷は自分と同じ小学生たちが、緑やオレンジ色のユニホームを着て硬式ボールを追い掛ける姿を食い入るように見つめていた。

 徹から「どうだ、おまえもチームに入ってみるか?」と水を向けられると、「うん、入る」と二つ返事で答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る