キャッチボール再開も…マー君の肘痛再発不安は依然消えず

公開日:  更新日:

 米メディアによれば、一歩前進だという。

 右手首のけんしょう炎と前腕部の炎症のため故障者リスト(DL)入りしているヤンキース・田中将大(26)が7日(日本時間8日)、本拠地ヤンキースタジアムで離脱後初めてキャッチボールを行った。ジラルディ監督、ロスチャイルド投手コーチらが見守る中、外野の芝の上で約18メートルまで距離を延ばして患部の状態を確かめるように50球を投げた。明日(現地時間8日)にもキャッチボールを行い、患部に異常がなければ、遠投、ブルペンでの投球練習とリハビリの段階を上げる見込み。地元メディアなどによれば、マイナーで2試合の調整登板を経て、早ければ今月中にもメジャー復帰するという。

 練習後の田中は報道陣に対応しなかったが、この日のオリオールズ戦を前に会見したジラルディ監督は順調な回復ぶりを強調した。エース右腕の4月27日以来となる投げ込みに指揮官は「今日は良かった。もし(患部に)問題があるなら、18メートルの距離では投げられないはずだ。いつまでに(復帰)というスケジュールは決めていないが、1日ごとに様子を見ていく」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る