キャッチボール再開も…マー君の肘痛再発不安は依然消えず

公開日:  更新日:

 米メディアによれば、一歩前進だという。

 右手首のけんしょう炎と前腕部の炎症のため故障者リスト(DL)入りしているヤンキース・田中将大(26)が7日(日本時間8日)、本拠地ヤンキースタジアムで離脱後初めてキャッチボールを行った。ジラルディ監督、ロスチャイルド投手コーチらが見守る中、外野の芝の上で約18メートルまで距離を延ばして患部の状態を確かめるように50球を投げた。明日(現地時間8日)にもキャッチボールを行い、患部に異常がなければ、遠投、ブルペンでの投球練習とリハビリの段階を上げる見込み。地元メディアなどによれば、マイナーで2試合の調整登板を経て、早ければ今月中にもメジャー復帰するという。

 練習後の田中は報道陣に対応しなかったが、この日のオリオールズ戦を前に会見したジラルディ監督は順調な回復ぶりを強調した。エース右腕の4月27日以来となる投げ込みに指揮官は「今日は良かった。もし(患部に)問題があるなら、18メートルの距離では投げられないはずだ。いつまでに(復帰)というスケジュールは決めていないが、1日ごとに様子を見ていく」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る