ヤ軍田中は中4日で好投も 課題は「依然走らないストレート」

公開日:  更新日:

 ひとつの山を越えたのは間違いない。ヤンキースの田中将大(26)が23日(日本時間24日)のタイガース戦に先発、6回3分の1を3安打1失点に抑えた。ヤンキースは3連勝したが、田中は同点の七回に途中降板したため3勝目は付かなかった(2勝1敗)。

 タイガースは試合開始時点で、ア・リーグ中地区首位。12年の三冠王・カブレラを筆頭にチーム打率.297の強力打線が売りだ。デトロイトのコメリカパークの試合開始時点の気温は2度。田中は強豪相手で悪条件下の試合に、今季初の中4日で臨んだ。

 結果は出たものの、課題は残った。

 初回、先頭打者のゴーズにいきなり決め球のスプリットを左翼線に運ばれると、4番、V・マルチネスの犠飛で先制を許した。その後、低めのスプリットをことごとく見極められると、勝負球をスライダーに。相手打者がスライダーに慣れてくると、今度は再び決め球をスプリットに変えた。打者の目先をコロコロと変えざるを得なかったのは、依然としてストレートが走らなかったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る