小野俊哉
著者のコラム一覧
小野俊哉ノンフィクション作家

1961年岡山出身。スポーツ・アクセス㈲取締役社長。早大理工学部卒、味の素、住友金属工業を経て、03年同社設立。プロ野球、メジャーリーグの記録を分析、評論し各メディアやメジャー球団に情報を提供している。

データのプロ指摘 巨人は「先制逃げ切り」への“体質転換”急務

公開日:  更新日:

 通算900勝を達成した巨人の原監督、逆転優勝のためには?

 スコアボードに刻まれる得点は、同じ1点でも価値は異なる。早く得点することに勝利の本質が潜んでいるからだ。

 初回に注目した。セの21世紀最多勝は09年原巨人の89勝(46敗)だ。初回に得点しリードした試合は41試合に達し、ここで36勝4敗1分け。勝率が9割、貯金32と荒稼ぎした。

 08年から5年連続最下位だった横浜は同年93敗。それでも初回にリードすれば15勝8敗と勝ち越している。逆に、いきなり先制されると5勝38敗の惨状には驚くが、これは初回失点の恐ろしさを物語っている。

 初回のリード。実は伝説のⅤ9巨人が親会社の読売新聞に論評することを禁じ、隠していた必勝法である。それでも川上監督はⅤ6(70年)の34勝5敗1分けが最高だから、6年前の原監督はⅤ9を凌駕する内容を誇った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る