• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小野俊哉
著者のコラム一覧
小野俊哉ノンフィクション作家

1961年岡山出身。スポーツ・アクセス㈲取締役社長。早大理工学部卒、味の素、住友金属工業を経て、03年同社設立。プロ野球、メジャーリーグの記録を分析、評論し各メディアやメジャー球団に情報を提供している。

データのプロ指摘 巨人は「先制逃げ切り」への“体質転換”急務

 通算900勝を達成した巨人の原監督、逆転優勝のためには?

 スコアボードに刻まれる得点は、同じ1点でも価値は異なる。早く得点することに勝利の本質が潜んでいるからだ。

 初回に注目した。セの21世紀最多勝は09年原巨人の89勝(46敗)だ。初回に得点しリードした試合は41試合に達し、ここで36勝4敗1分け。勝率が9割、貯金32と荒稼ぎした。

 08年から5年連続最下位だった横浜は同年93敗。それでも初回にリードすれば15勝8敗と勝ち越している。逆に、いきなり先制されると5勝38敗の惨状には驚くが、これは初回失点の恐ろしさを物語っている。

 初回のリード。実は伝説のⅤ9巨人が親会社の読売新聞に論評することを禁じ、隠していた必勝法である。それでも川上監督はⅤ6(70年)の34勝5敗1分けが最高だから、6年前の原監督はⅤ9を凌駕する内容を誇った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る