小野俊哉
著者のコラム一覧
小野俊哉ノンフィクション作家

1961年岡山出身。スポーツ・アクセス㈲取締役社長。早大理工学部卒、味の素、住友金属工業を経て、03年同社設立。プロ野球、メジャーリーグの記録を分析、評論し各メディアやメジャー球団に情報を提供している。

データのプロ指摘 巨人は「先制逃げ切り」への“体質転換”急務

公開日:  更新日:

 通算900勝を達成した巨人の原監督、逆転優勝のためには?

 スコアボードに刻まれる得点は、同じ1点でも価値は異なる。早く得点することに勝利の本質が潜んでいるからだ。

 初回に注目した。セの21世紀最多勝は09年原巨人の89勝(46敗)だ。初回に得点しリードした試合は41試合に達し、ここで36勝4敗1分け。勝率が9割、貯金32と荒稼ぎした。

 08年から5年連続最下位だった横浜は同年93敗。それでも初回にリードすれば15勝8敗と勝ち越している。逆に、いきなり先制されると5勝38敗の惨状には驚くが、これは初回失点の恐ろしさを物語っている。

 初回のリード。実は伝説のⅤ9巨人が親会社の読売新聞に論評することを禁じ、隠していた必勝法である。それでも川上監督はⅤ6(70年)の34勝5敗1分けが最高だから、6年前の原監督はⅤ9を凌駕する内容を誇った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る