「来た球を打ってるだけ」 好調の西武・森に漂う“天才”の風格

公開日:  更新日:

 西武・森友哉(19)のバットが止まらない。

 21日の日本ハム戦でも4打数2安打とし、打率.306、3本塁打。11打点は主砲の中村の13打点に次ぐ、チーム2位の好成績である。ここ5試合に限れば打率.500、3本塁打、8打点のバカ当たりなのだ。

 昨季は高卒ルーキーながら、41試合で打率.275、6本塁打、15打点と活躍。高卒ルーキーとしては46年ぶりとなる、3試合連続本塁打もマークした。今季はその打力を買われ、開幕からDHを任されている。他球団からのマークが厳しくなる中、それでも結果を残しているのだから大したものである。しかも、周囲には「好調の秘訣? 別に来た球を打ってるだけっす」とうそぶいているというから、170センチと体は小さくとも大物感タップリだ。

 森に聞いた。


「そうですね……。配球とかはよくわかりませんけど、甘い球は減ったと思います。それでも打てるのはなぜか? とにかく来た球を振ってるだけです。狙い球? 特にないです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る