「来た球を打ってるだけ」 好調の西武・森に漂う“天才”の風格

公開日:  更新日:

 西武・森友哉(19)のバットが止まらない。

 21日の日本ハム戦でも4打数2安打とし、打率.306、3本塁打。11打点は主砲の中村の13打点に次ぐ、チーム2位の好成績である。ここ5試合に限れば打率.500、3本塁打、8打点のバカ当たりなのだ。

 昨季は高卒ルーキーながら、41試合で打率.275、6本塁打、15打点と活躍。高卒ルーキーとしては46年ぶりとなる、3試合連続本塁打もマークした。今季はその打力を買われ、開幕からDHを任されている。他球団からのマークが厳しくなる中、それでも結果を残しているのだから大したものである。しかも、周囲には「好調の秘訣? 別に来た球を打ってるだけっす」とうそぶいているというから、170センチと体は小さくとも大物感タップリだ。

 森に聞いた。


「そうですね……。配球とかはよくわかりませんけど、甘い球は減ったと思います。それでも打てるのはなぜか? とにかく来た球を振ってるだけです。狙い球? 特にないです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る