17年前の日本一チームに酷似 データが示すDeNA「優勝の条件」

公開日:  更新日:

 4月22日の阪神戦。DeNAは六回裏に荒波翔の2号3ランなどで一挙5得点を挙げて7対4とし、逆転勝利で連敗を7でストップさせた。

 5月2日の中日戦では、2点を追う九回表二死無走者からヒットをつないで4得点。こちらも5対3の鮮やかな逆転勝利。その後は6連勝し、14日時点でセの単独首位に立っている。

 この好調を誰が予想しただろう。「プロ野球の隆盛はDeNAの再生が不可欠」と訴え続けていた僕はうれしいのだが、記録を見返すと38年ぶりの日本一を成し遂げた17年前と酷似している点がある。

 それは試合運びだ。優勝するチームというのは、初回、三回など序盤で得点を伸ばすものだが、98年の横浜は最高得点イニングがなんと八回だった。終盤に石井琢、波留、鈴木尚、ローズ、駒田、佐伯、谷繁のマシンガン打線が炸裂すると大魔神・佐々木主浩の出番。九回はフォークを連投。幕切れの見えを切り45セーブを稼いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る