17年前の日本一チームに酷似 データが示すDeNA「優勝の条件」

公開日:  更新日:

 4月22日の阪神戦。DeNAは六回裏に荒波翔の2号3ランなどで一挙5得点を挙げて7対4とし、逆転勝利で連敗を7でストップさせた。

 5月2日の中日戦では、2点を追う九回表二死無走者からヒットをつないで4得点。こちらも5対3の鮮やかな逆転勝利。その後は6連勝し、14日時点でセの単独首位に立っている。

 この好調を誰が予想しただろう。「プロ野球の隆盛はDeNAの再生が不可欠」と訴え続けていた僕はうれしいのだが、記録を見返すと38年ぶりの日本一を成し遂げた17年前と酷似している点がある。

 それは試合運びだ。優勝するチームというのは、初回、三回など序盤で得点を伸ばすものだが、98年の横浜は最高得点イニングがなんと八回だった。終盤に石井琢、波留、鈴木尚、ローズ、駒田、佐伯、谷繁のマシンガン打線が炸裂すると大魔神・佐々木主浩の出番。九回はフォークを連投。幕切れの見えを切り45セーブを稼いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る