快進撃のDeNA 評論家とVメンバーが指摘する「優勝への課題」

公開日:  更新日:

 DeNAの勢いが止まらない。17日の広島戦は敗れたものの、7カード連続勝ち越しは球団として51年ぶり。貯金10で巨人に3ゲーム差の首位を走る。

 今季、1点差ゲームは両リーグ最多の12勝(5敗)。逆転勝ちは13度を数える。05年以降、Aクラスは一度もないが、周囲からは「日本一となった98年の再来」を期待する声も聞こえる。評論家の山崎裕之氏は「中畑監督の選手起用、選手操縦がうまくいっている」と、こう続ける。

「抑えに抜擢したドラフト1位新人の山崎康(亜大)が16セーブを挙げているのは大きい。16日の広島戦で完投勝利を挙げた井納にしても、それまで2戦続けてKOされ、開幕から任されていた3連戦の初戦を山口に代えた。井納からすれば面白くなかっただろうが、中畑監督は『あいつは俺と同じですぐにテングになる。鼻っ柱を折ってやらないといけない』とコメントしていた。試合前に『きょうの試合は任せた』と送り出したのを見ると、井納の性格を踏まえて反骨精神をあおったのが奏功したのだろう。キャンプでは『今年は筒香と心中する』と言っていた。4番と主将を任された筒香は監督の気持ちに応える活躍を見せている。今年にかける監督の意気込みが勝利も重なって選手に浸透しつつあるのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る