• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

快進撃のDeNA 評論家とVメンバーが指摘する「優勝への課題」

 DeNAの勢いが止まらない。17日の広島戦は敗れたものの、7カード連続勝ち越しは球団として51年ぶり。貯金10で巨人に3ゲーム差の首位を走る。

 今季、1点差ゲームは両リーグ最多の12勝(5敗)。逆転勝ちは13度を数える。05年以降、Aクラスは一度もないが、周囲からは「日本一となった98年の再来」を期待する声も聞こえる。評論家の山崎裕之氏は「中畑監督の選手起用、選手操縦がうまくいっている」と、こう続ける。

「抑えに抜擢したドラフト1位新人の山崎康(亜大)が16セーブを挙げているのは大きい。16日の広島戦で完投勝利を挙げた井納にしても、それまで2戦続けてKOされ、開幕から任されていた3連戦の初戦を山口に代えた。井納からすれば面白くなかっただろうが、中畑監督は『あいつは俺と同じですぐにテングになる。鼻っ柱を折ってやらないといけない』とコメントしていた。試合前に『きょうの試合は任せた』と送り出したのを見ると、井納の性格を踏まえて反骨精神をあおったのが奏功したのだろう。キャンプでは『今年は筒香と心中する』と言っていた。4番と主将を任された筒香は監督の気持ちに応える活躍を見せている。今年にかける監督の意気込みが勝利も重なって選手に浸透しつつあるのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る