貧打深刻の巨人 主力からは内田二軍打撃コーチ“待望論”噴出

公開日:  更新日:

 21日の阪神戦、終盤に逆転を食らって連敗を喫した巨人は、ゼロ封された前日に続き、この日もわずか1得点。プロ初登板初先発となった阪神ドラ1左腕の横山を打ちあぐねた。8点取ったカード初戦で流れが変わるかと期待されたが、貧打は相変わらずである。

 チーム打率.235、21本塁打、137得点はいずれもリーグ4位。当然、個人成績も低調だ。規定打席に到達している中では、打率・247でリーグ18位の井端がチームのトップ。4番の坂本は.213でリーグワースト2位という体たらくである。打順をいじり、4番をコロコロと替え、フランシスコという新外国人を獲得しても、カンフル剤にならず。就任したばかりの新GMが、名刺代わりのトレードに動くなんて情報もあるにはあるが、チーム内ではこんな声が聞かれ始めた。ある選手が言う。

「今年もコーチが交代するんじゃないか、なんて話になっている。昨年も交流戦開幕のこの時期にバッテリーコーチが外された。今年は打撃担当ではないかってね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る