• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元木大介
著者のコラム一覧
元木大介タレント・野球解説者

1971年12月30日、大阪府豊中市生まれ。上宮高時代に甲子園に3度出場し、歴代2位タイの通算6本塁打を放つ。89年のドラフト1位でダイエーに指名されるも、入団を拒否してハワイに野球留学。翌90年ドラフトで巨人から1位指名を受けて入団。長嶋監督が「クセ者」と呼んだ野球センスを武器に一時代を築いた。05年オフに引退。通算成績は1205試合に出場して打率・262、66本塁打、378打点。

中畑さんの晩酌にお付き合いしながら新聞を読んだら熱が出た

 あれは、巨人入団3年目の93年春の宮崎キャンプです。夜間練習を終えてヘトヘトになって宿舎の自室に戻ると、見計らったように内線電話が鳴りました。

「おう大介、ちょっとオレの部屋に来いよ」

 当時、打撃コーチだった中畑清さんです。

 この年から就任された中畑さんとはかれこれ22年の付き合い。好調DeNAを率いる今も、何かと目をかけていただいています。野球解説者として球場に取材に行けば、「なんでも聞いてくれ。おまえには借りがあるからな」と常にウエルカム。貸しなどつくった覚えはないのですが、

「評論家時代にやってた講演で、おまえの話をするのが一番ウケるんだよ。『元木は洋画を見ても、途中で誰が主役で誰が悪役か分からなくなっちゃうんです。字幕の漢字を全部飛ばして読んでるから』って。これがオレの講演の鉄板ネタ。大介にはずいぶん稼がせてもらったよ。ガハハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  3. 3

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  6. 6

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  9. 9

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  10. 10

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

もっと見る