いつもの負けパターン 巨人ポレダの“悪癖”はなぜ直らない?

公開日: 更新日:

 巨人先発のアーロン・ポレダ投手(28)がまたやった。

 9日の日本ハム戦。三回までは1安打に抑えていたが、四回に「悪いクセ」が出た。無死一塁で盗塁を警戒。素早いモーションから牽制球を投げたが、ボークと判定されるとリズムを崩し、1死二塁で中田に先制2ランを浴びた。5回110球で5安打3失点。3敗目(5勝)を喫した助っ人は「ボークは体がホーム方向に流れたからではないか。日米の違い。対策を考えないと」と分析したが、これでリーグワーストの4個目のボークである。

 ボーク判定に抗議をした原監督は「(ポレダは)非常に努力家でコーチ陣も含めて研究している。今後、指導していく中であそこは明確に聞いた方がいいと思った」と説明。今季ワーストタイの4連敗に表情は冴えなかった。

 198センチの長身左腕。常時150キロ前後の剛速球を投げるため、原監督の評価は高い。ただし、これは「投球」に限られる。投げる以外は問題が多いからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  4. 4

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  5. 5

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  6. 6

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  7. 7

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  8. 8

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  9. 9

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る