いつもの負けパターン 巨人ポレダの“悪癖”はなぜ直らない?

公開日: 更新日:

 巨人先発のアーロン・ポレダ投手(28)がまたやった。

 9日の日本ハム戦。三回までは1安打に抑えていたが、四回に「悪いクセ」が出た。無死一塁で盗塁を警戒。素早いモーションから牽制球を投げたが、ボークと判定されるとリズムを崩し、1死二塁で中田に先制2ランを浴びた。5回110球で5安打3失点。3敗目(5勝)を喫した助っ人は「ボークは体がホーム方向に流れたからではないか。日米の違い。対策を考えないと」と分析したが、これでリーグワーストの4個目のボークである。

 ボーク判定に抗議をした原監督は「(ポレダは)非常に努力家でコーチ陣も含めて研究している。今後、指導していく中であそこは明確に聞いた方がいいと思った」と説明。今季ワーストタイの4連敗に表情は冴えなかった。

 198センチの長身左腕。常時150キロ前後の剛速球を投げるため、原監督の評価は高い。ただし、これは「投球」に限られる。投げる以外は問題が多いからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  2. 2

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  3. 3

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  4. 4

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  5. 5

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  6. 6

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  7. 7

    橋本環奈の才は“奇跡の一枚”以前に是枝監督が見抜いていた

  8. 8

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  9. 9

    コロナより多い自殺者数 弁護士も増加要因つくっている?

  10. 10

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

もっと見る