いつもの負けパターン 巨人ポレダの“悪癖”はなぜ直らない?

公開日: 更新日:

 巨人先発のアーロン・ポレダ投手(28)がまたやった。

 9日の日本ハム戦。三回までは1安打に抑えていたが、四回に「悪いクセ」が出た。無死一塁で盗塁を警戒。素早いモーションから牽制球を投げたが、ボークと判定されるとリズムを崩し、1死二塁で中田に先制2ランを浴びた。5回110球で5安打3失点。3敗目(5勝)を喫した助っ人は「ボークは体がホーム方向に流れたからではないか。日米の違い。対策を考えないと」と分析したが、これでリーグワーストの4個目のボークである。

 ボーク判定に抗議をした原監督は「(ポレダは)非常に努力家でコーチ陣も含めて研究している。今後、指導していく中であそこは明確に聞いた方がいいと思った」と説明。今季ワーストタイの4連敗に表情は冴えなかった。

 198センチの長身左腕。常時150キロ前後の剛速球を投げるため、原監督の評価は高い。ただし、これは「投球」に限られる。投げる以外は問題が多いからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    公明党ブチ切れた! 夏の参院選で「自民党とは選挙協力しない」のナゼ

    公明党ブチ切れた! 夏の参院選で「自民党とは選挙協力しない」のナゼ

  2. 2
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  3. 3
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  4. 4
    東京都のコロナ濃厚接触者「1月末に33万人隔離」の衝撃試算! 社会活動ストップに現実味

    東京都のコロナ濃厚接触者「1月末に33万人隔離」の衝撃試算! 社会活動ストップに現実味

  5. 5
    沖縄アクターズスクール校長・マキノ正幸が語る半生 そして安室奈美恵との衝撃の出会い

    沖縄アクターズスクール校長・マキノ正幸が語る半生 そして安室奈美恵との衝撃の出会い

もっと見る

  1. 6
    日本各地にも深夜に津波が…トンガ大規模火山噴火がもたらす「2022年は冷夏」の不安

    日本各地にも深夜に津波が…トンガ大規模火山噴火がもたらす「2022年は冷夏」の不安

  2. 7
    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

  3. 8
    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

  4. 9
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  5. 10
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる