• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

いつもの負けパターン 巨人ポレダの“悪癖”はなぜ直らない?

 巨人先発のアーロン・ポレダ投手(28)がまたやった。

 9日の日本ハム戦。三回までは1安打に抑えていたが、四回に「悪いクセ」が出た。無死一塁で盗塁を警戒。素早いモーションから牽制球を投げたが、ボークと判定されるとリズムを崩し、1死二塁で中田に先制2ランを浴びた。5回110球で5安打3失点。3敗目(5勝)を喫した助っ人は「ボークは体がホーム方向に流れたからではないか。日米の違い。対策を考えないと」と分析したが、これでリーグワーストの4個目のボークである。

 ボーク判定に抗議をした原監督は「(ポレダは)非常に努力家でコーチ陣も含めて研究している。今後、指導していく中であそこは明確に聞いた方がいいと思った」と説明。今季ワーストタイの4連敗に表情は冴えなかった。

 198センチの長身左腕。常時150キロ前後の剛速球を投げるため、原監督の評価は高い。ただし、これは「投球」に限られる。投げる以外は問題が多いからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る