日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

首痛悪化の巨人・阿部には“ドクターストップ”かかっていた

 巨人の阿部慎之助(36)が7日、首の痛みのため一軍登録を抹消された。前日のソフトバンク戦の九回にマスク越しにファウルが直撃。苦悶の表情を浮かべて後ろにひっくり返っていた。

 4月に左太もも裏の肉離れで離脱したのに続いて、今季2度目の抹消。この日の試合前に「きのうのファウルチップのダメージが大きかった」と無念そうに話して東京ドームを後にした。

 今回は復帰まで長引くかもしれない。首は昨年も痛めた箇所。実は先月末から苦しみながらマスクをかぶっていた。そのため2日のオリックス戦を欠場。その後は途中出場が続いていた。

 原監督はこの日の試合前、「コンディションを整わせるために時間を与える。やはり、いると使いたくなるしね。存在は大きい。昨日のファウルで? それもまた悪い方向にいった。もともとそういうのがあったわけだから。今は戦えるコンディションではないということ」と説明したが、ある巨人OBはこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事