巨人ドラ1候補に「東北の大学生2投手」急浮上の舞台裏

公開日: 更新日:

 巨人が今秋ドラフトの1位候補Aランクに入れている仙台大・熊原健人(4年=柴田)と富士大・多和田真三郎(4年=中部商)の両右腕が昨8日、全日本大学野球選手権大会に臨んだ。

 熊原は最速150キロをマークして13奪三振も、9回6安打3失点で初戦敗退。先発を回避した富士大の多和田はマウンドに上がることなく、こちらも姿を消した。右肩を痛めた影響もあり、豊田監督が大事を取ったためだという。視察した巨人のスカウト陣も一安心だろう。パ・リーグのあるスカウトがこう言う。

「この2投手はどの球団も1位候補には入っている。ただ、今年の1番人気は県岐阜商の高橋純平。恐らく4球団以上が競合する。その次に明大・上原と駒大・今永の左腕で2、3球団ずつほど。仙台大の熊原と富士大の多和田は1位の一本釣りクラス。くじ引きを避けたい球団が狙う投手です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  8. 8

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

もっと見る