デーブ監督ホクホク 巨人ポレダを沈めた楽天の“機動破壊”

公開日: 更新日:

 足に沈んだ。

 29日の楽天戦に先発した巨人のアーロン・ポレダ(28)のことである。198センチ左腕のこの日の最速は154キロ。直球のほとんどが150キロを超え、「調子自体は悪くなかった」(ポレダ)。

 それが、2-1の四回に暗転した。楽天にダブルスチールを含む4盗塁を決められると、走者を気にして甘いコースを痛打される悪循環。盗塁がいずれも失点につながった。これでリズムを崩し、六回にはボークを犯して苛立つ場面も。6回5失点で2敗目を喫し、「四回2死から抑えきれなかった投球が悔やまれる」とうなだれた。自身の連勝も5で止まった。

 菅野、杉内、高木勇と形成する先発4本柱の一角。この試合の前までリーグ2位タイの5勝(1敗)と好調だった。セの各打者は「でかい。速い。左。あんなの打てない」と白旗を揚げていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  7. 7

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  8. 8

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

もっと見る