日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
渡辺勘郎
著者のコラム一覧
渡辺勘郎ノンフィクションライター

59年8月、東京都墨田区生まれ。中大法学部卒業後、週刊文春編集部を経て独立。フリージャーナリストとして、野球を中心に著書多数。

「今の子どもはわがままだね。人間性、それが一番大事なんだけど」

 武蔵川親方は先代(元横綱三重ノ海)の定年に伴って名跡を継承して独立。外国出身力士としては元高見山の東関親方以来2人目という部屋持ち親方として弟子を育てている。

「関取とか親方衆になるのは全体からみたら数%だから、そうなれない人の方が多いんだよ。だから、自分の将来のために今から勉強しなきゃいけない。

 まず、年6回、本場所があって、そのうち3回は地方場所。そのほかにも巡業があるから、お相撲さんは、出会いが多いんだ。そういう出会いを『大事にしなさい』と言ってるよ。相撲界の人だけじゃない。一般の人だって将来、どこで会うか分からないし、どこでお世話になるかもしれない。仕事をさせてもらうかもしれないんだから、ちゃんと大事にしなきゃいけない。

 相撲だけじゃないんだよ。人間性。それが一番、大事」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事