渡辺勘郎
著者のコラム一覧
渡辺勘郎ノンフィクションライター

59年8月、東京都墨田区生まれ。中大法学部卒業後、週刊文春編集部を経て独立。フリージャーナリストとして、野球を中心に著書多数。

「今の子どもはわがままだね。人間性、それが一番大事なんだけど」

公開日: 更新日:

 武蔵川親方は先代(元横綱三重ノ海)の定年に伴って名跡を継承して独立。外国出身力士としては元高見山の東関親方以来2人目という部屋持ち親方として弟子を育てている。

「関取とか親方衆になるのは全体からみたら数%だから、そうなれない人の方が多いんだよ。だから、自分の将来のために今から勉強しなきゃいけない。

 まず、年6回、本場所があって、そのうち3回は地方場所。そのほかにも巡業があるから、お相撲さんは、出会いが多いんだ。そういう出会いを『大事にしなさい』と言ってるよ。相撲界の人だけじゃない。一般の人だって将来、どこで会うか分からないし、どこでお世話になるかもしれない。仕事をさせてもらうかもしれないんだから、ちゃんと大事にしなきゃいけない。

 相撲だけじゃないんだよ。人間性。それが一番、大事」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  10. 10

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

もっと見る