渡辺勘郎
著者のコラム一覧
渡辺勘郎ノンフィクションライター

59年8月、東京都墨田区生まれ。中大法学部卒業後、週刊文春編集部を経て独立。フリージャーナリストとして、野球を中心に著書多数。

ライバルが一番大事 遠藤は出稽古に行かなきゃ

公開日:  更新日:

「先代の武蔵川部屋の稽古場では歯を見せられなかった。誰かが笑ってるところ、見たことがないよ。よその部屋では稽古中にしゃべったり、笑顔もあったみたいだけど、ウチの稽古場は稽古する音が聞こえてただけ……毎日毎日、空気が重かった。

 先代は朝の7時半ごろ、遅くとも8時には稽古場に下りてきた。私たちは1時間半ぐらい準備運動して、そこから稽古が始まった。それぐらい準備運動しないとケガしやすい体になるからね。今の私の部屋でも準備運動は時間をかけてやるよ」

  力士にとっては同部屋にライバルがいることが「大事。一番、大事」と武蔵川親方は何度も言う。身近な稽古相手に恵まれるか否かなのだ。

「同じ部屋に稽古相手がいなかったら、外に行かないといけない。それはしょうがない。今の遠藤がそうだよ。稽古相手がいない。だから出稽古に行かなきゃ。師匠も『行け』って言わないといけない。自分の部屋でやらすより、師匠は遠藤の背中を押してほしいよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る