日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
渡辺勘郎
著者のコラム一覧
渡辺勘郎ノンフィクションライター

59年8月、東京都墨田区生まれ。中大法学部卒業後、週刊文春編集部を経て独立。フリージャーナリストとして、野球を中心に著書多数。

ライバルが一番大事 遠藤は出稽古に行かなきゃ

「先代の武蔵川部屋の稽古場では歯を見せられなかった。誰かが笑ってるところ、見たことがないよ。よその部屋では稽古中にしゃべったり、笑顔もあったみたいだけど、ウチの稽古場は稽古する音が聞こえてただけ……毎日毎日、空気が重かった。

 先代は朝の7時半ごろ、遅くとも8時には稽古場に下りてきた。私たちは1時間半ぐらい準備運動して、そこから稽古が始まった。それぐらい準備運動しないとケガしやすい体になるからね。今の私の部屋でも準備運動は時間をかけてやるよ」

  力士にとっては同部屋にライバルがいることが「大事。一番、大事」と武蔵川親方は何度も言う。身近な稽古相手に恵まれるか否かなのだ。

「同じ部屋に稽古相手がいなかったら、外に行かないといけない。それはしょうがない。今の遠藤がそうだよ。稽古相手がいない。だから出稽古に行かなきゃ。師匠も『行け』って言わないといけない。自分の部屋でやらすより、師匠は遠藤の背中を押してほしいよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事