• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
渡辺勘郎
著者のコラム一覧
渡辺勘郎ノンフィクションライター

59年8月、東京都墨田区生まれ。中大法学部卒業後、週刊文春編集部を経て独立。フリージャーナリストとして、野球を中心に著書多数。

「白鵬に『日本の父は大鵬さん』と言われちゃったら師匠は寂しいよ

 相撲の世界での師弟関係は、親子同然。だから白鵬が亡くなった大鵬のことを「日本の父」と呼ぶのを耳にすると、何とも言えない違和感があった。白鵬が日本の父と呼ぶべきは宮城野親方のはずだからだ。先代のことを「おやじ」と呼ぶ武蔵川親方にそれを聞いてみた。

「大鵬さんを日本の父?リップサービスだよ、あれは(笑い)。しかも白鵬は最初、貴乃花のファンだと言ってて、貴乃花のマネしてた。そのあと双葉山と言い出して、今は大鵬……コロコロ変えて、ダメだよ(笑い)。

 日本の父は自分の師匠。その名前を言えばいいんだけどね。師匠も白鵬に『日本の父は大鵬さん』と言われちゃったら寂しいだろう。寂しく思わなきゃ、おかしいよ。

 誰に拾われて、誰のおかげで今、相撲取ってるんだ? ということ。最初に日本に来たとき、あの親方に拾われてなかったら白鵬はモンゴルに帰ってたはず。そういうことを忘れちゃいけない。そこだよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る