渡辺勘郎
著者のコラム一覧
渡辺勘郎ノンフィクションライター

59年8月、東京都墨田区生まれ。中大法学部卒業後、週刊文春編集部を経て独立。フリージャーナリストとして、野球を中心に著書多数。

「白鵬に『日本の父は大鵬さん』と言われちゃったら師匠は寂しいよ

公開日:  更新日:

 相撲の世界での師弟関係は、親子同然。だから白鵬が亡くなった大鵬のことを「日本の父」と呼ぶのを耳にすると、何とも言えない違和感があった。白鵬が日本の父と呼ぶべきは宮城野親方のはずだからだ。先代のことを「おやじ」と呼ぶ武蔵川親方にそれを聞いてみた。

「大鵬さんを日本の父?リップサービスだよ、あれは(笑い)。しかも白鵬は最初、貴乃花のファンだと言ってて、貴乃花のマネしてた。そのあと双葉山と言い出して、今は大鵬……コロコロ変えて、ダメだよ(笑い)。

 日本の父は自分の師匠。その名前を言えばいいんだけどね。師匠も白鵬に『日本の父は大鵬さん』と言われちゃったら寂しいだろう。寂しく思わなきゃ、おかしいよ。

 誰に拾われて、誰のおかげで今、相撲取ってるんだ? ということ。最初に日本に来たとき、あの親方に拾われてなかったら白鵬はモンゴルに帰ってたはず。そういうことを忘れちゃいけない。そこだよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る