メリットないのになぜ? カージナルス「ハッキング」真の狙い

公開日: 更新日:

 今月16日、カージナルスの複数の職員がアストロズの内部データベースに不正に侵入し、トレードに関する極秘情報、選手の内部評価などを盗み出していたことが発覚。現在、FBI(米連邦捜査局)による捜査が進行中で、数人の逮捕者が出るもようだ。

■動機

 最強チームであるカージナルスがリーグの違う昨季までの最弱球団アストロズの情報を盗んでもメリットはほとんどない。それでも内部情報を盗み出し、匿名情報がよく出るサイトに掲出したのは、カージナルスのスカウト部門担当副社長からアストロズのGMに栄転したジェフ・ローナウの信用失墜を狙ったものだ。カ軍のハッカーたちはローナウがカ軍在籍中に使用していたパスワードでア軍のデータベースに苦もなく侵入していた。

■被害者

 カ軍のハッカーたちが盗み出した情報の中で、メディアが注目したのはアストロズのローナウGMと他球団のフロントとのトレードに関するリアルな交渉に関する部分だ。盗み出されたのは一昨年6月から10カ月間で、その中には昨年春、ヤンキースからの「イチロー(昨季の年俸650万ドル)に430万ドルのキャッシュを付けて放出するから引き取って欲しい」という申し入れもあった。これを受ければアストロズはイチローを220万ドル(約2億7000万円)で雇えることになるが、ローナウGMは高いと判断し、その話には乗らなかった。これによりかつてのスーパースターであるイチローは商品価値が200万ドル以下に落ちていることが知れ渡る結果になってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  10. 10

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

もっと見る