メジャーが「日本の高校生」獲得に“本腰”を入れ始める理由

公開日: 更新日:

 近い将来、日本の有望な高校生が続々と海を渡るかもしれない。

 大リーグ機構(MLB)は13年に、95年9月以降に生まれた海外アマチュア選手を獲得する場合、その年の5月までに出生証明書やパスポートの写しなどを提出する「事前登録制度」を設けた。

 メジャーでは主に中南米選手の年齢詐称が問題になっていて、その防止策らしいが、これが日本学生野球憲章のプロアマ規定に抵触する。

 国内外のプロ球団は原則として、夏の甲子園大会終了後まで選手との接触を禁じられている。出生証明などの個人情報を取得する行為は「タンパリング(事前交渉)」に当たり、事実上、不可能なのだ。

 5月下旬には「日本の高校生が卒業と同時に米大リーグに挑戦する道が閉ざされた」との一部報道もあったが、門戸は閉ざされるどころか、米国でのプレーを希望する選手にとってはむしろ追い風が吹いているのが実情だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  5. 5

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  6. 6

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る