メジャーが「日本の高校生」獲得に“本腰”を入れ始める理由

公開日:  更新日:

 近い将来、日本の有望な高校生が続々と海を渡るかもしれない。

 大リーグ機構(MLB)は13年に、95年9月以降に生まれた海外アマチュア選手を獲得する場合、その年の5月までに出生証明書やパスポートの写しなどを提出する「事前登録制度」を設けた。

 メジャーでは主に中南米選手の年齢詐称が問題になっていて、その防止策らしいが、これが日本学生野球憲章のプロアマ規定に抵触する。

 国内外のプロ球団は原則として、夏の甲子園大会終了後まで選手との接触を禁じられている。出生証明などの個人情報を取得する行為は「タンパリング(事前交渉)」に当たり、事実上、不可能なのだ。

 5月下旬には「日本の高校生が卒業と同時に米大リーグに挑戦する道が閉ざされた」との一部報道もあったが、門戸は閉ざされるどころか、米国でのプレーを希望する選手にとってはむしろ追い風が吹いているのが実情だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る