• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャーが「日本の高校生」獲得に“本腰”を入れ始める理由

 近い将来、日本の有望な高校生が続々と海を渡るかもしれない。

 大リーグ機構(MLB)は13年に、95年9月以降に生まれた海外アマチュア選手を獲得する場合、その年の5月までに出生証明書やパスポートの写しなどを提出する「事前登録制度」を設けた。

 メジャーでは主に中南米選手の年齢詐称が問題になっていて、その防止策らしいが、これが日本学生野球憲章のプロアマ規定に抵触する。

 国内外のプロ球団は原則として、夏の甲子園大会終了後まで選手との接触を禁じられている。出生証明などの個人情報を取得する行為は「タンパリング(事前交渉)」に当たり、事実上、不可能なのだ。

 5月下旬には「日本の高校生が卒業と同時に米大リーグに挑戦する道が閉ざされた」との一部報道もあったが、門戸は閉ざされるどころか、米国でのプレーを希望する選手にとってはむしろ追い風が吹いているのが実情だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る