日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャーが「日本の高校生」獲得に“本腰”を入れ始める理由

 近い将来、日本の有望な高校生が続々と海を渡るかもしれない。

 大リーグ機構(MLB)は13年に、95年9月以降に生まれた海外アマチュア選手を獲得する場合、その年の5月までに出生証明書やパスポートの写しなどを提出する「事前登録制度」を設けた。

 メジャーでは主に中南米選手の年齢詐称が問題になっていて、その防止策らしいが、これが日本学生野球憲章のプロアマ規定に抵触する。

 国内外のプロ球団は原則として、夏の甲子園大会終了後まで選手との接触を禁じられている。出生証明などの個人情報を取得する行為は「タンパリング(事前交渉)」に当たり、事実上、不可能なのだ。

 5月下旬には「日本の高校生が卒業と同時に米大リーグに挑戦する道が閉ざされた」との一部報道もあったが、門戸は閉ざされるどころか、米国でのプレーを希望する選手にとってはむしろ追い風が吹いているのが実情だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事