メジャー「ハッキング事件」の陰に強豪の“何でもやる”精神

公開日:  更新日:

 名門カージナルスの職員による「コンピューター・ハッキング事件」には驚いた。情報の最適化が進むこの時代、プロスポーツもここまできたかと思うと同時に、米球界で勤務していたころを思い出した。メジャーでは強いチームほど細かいことに力を注ぐのだ。

 シリコンバレーのお膝元、ベイエリアに本拠地を構えるジャイアンツは、私が在籍した02年の開幕前に数千万円の投資をして一大プロジェクトを開始した。その名も「ビデオコーチング・システム」。

 腕利きの技術者によって開発されたそのシステムは、大ざっぱにいえば公式戦の全投球をビデオクリップ化し、球団内にデータを蓄積。選手が試合中だろうと瞬時に再生できるシステムだ。今でこそメジャーはもちろん、日本や韓国のプロ野球でも全球団が取り入れているシステムだが、ジャイアンツの凄かった点は先見性とその細かさだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る