• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャー「ハッキング事件」の陰に強豪の“何でもやる”精神

 名門カージナルスの職員による「コンピューター・ハッキング事件」には驚いた。情報の最適化が進むこの時代、プロスポーツもここまできたかと思うと同時に、米球界で勤務していたころを思い出した。メジャーでは強いチームほど細かいことに力を注ぐのだ。

 シリコンバレーのお膝元、ベイエリアに本拠地を構えるジャイアンツは、私が在籍した02年の開幕前に数千万円の投資をして一大プロジェクトを開始した。その名も「ビデオコーチング・システム」。

 腕利きの技術者によって開発されたそのシステムは、大ざっぱにいえば公式戦の全投球をビデオクリップ化し、球団内にデータを蓄積。選手が試合中だろうと瞬時に再生できるシステムだ。今でこそメジャーはもちろん、日本や韓国のプロ野球でも全球団が取り入れているシステムだが、ジャイアンツの凄かった点は先見性とその細かさだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る