日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

コーチ、恩師が証言 ソフトBの“怪物”柳田悠岐を全解剖

 打率.429、5本塁打、10打点で交流戦MVPを獲得。26日現在、パ2位の打率.377。開幕から「3番中堅」としてヒットを量産し、16本塁打、48打点。パ打率トップ(.381)の秋山(西武)と熾烈な首位打者争いを繰り広げている。

■身体能力

 武器は「和製ターザン」の異名を取る糸井(オリックス)をして「アイツは化け物」と言わしめる身体能力。具体的に何がどう凄いのか。鳥井田コンディショニングコーチが言う。

「背筋力や握力など個々の数値はプロ野球選手の中でも上位の部類に入りますが、どれも『それなりに凄い』というレベル。なぜ柳田の身体能力が凄いのか、あれだけボールを飛ばせるかは僕らにもわからないんです」

 しかし、メジャーで指導実績もある鳥井田コーチは「理由があるとすれば……」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事