デーブ監督が明かした2年目左腕・松井裕樹の“特殊能力”

公開日: 更新日:

【橋本清の取りたて直送便「本音を聞きたい」】

 監督のデーブさんによると、松井裕樹投手(19)は極めて特殊な「自律神経」の持ち主だといいます。

「去年、以前から親交のある順天堂大学の先生に松井裕の血流検査をしてもらったんだけど、その結果が面白かった。あいつ、副交感神経が優位な自律神経の持ち主だったんだよ。完全にストッパー向き。先生からも太鼓判を押されたんだ」

 少々、補足を。人間の自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があって、ストレスを感じたり緊張状態になると交感神経が優位になり、逆にリラックス状態のときに優位になるのが副交感神経。普通はこの2つがバランスよく働くそうですが、松井裕の自律神経は常に平常心をつかさどる副交感神経が優位の状態にある。つまり、緊張を感じにくいタイプだというのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

もっと見る