星野、安楽、松井裕 楽天デーブ監督が語るキーマンとの関係

公開日: 更新日:

 星野前監督(現SA=シニアアドバイザー)から禅譲され、今季から楽天の指揮を執る大久保博元監督(48)。開幕まで3週間を切り、あらためてチームのこと、星野SAとの関係などを聞いた。

――初の監督業は苦労が多いですか。

「チームのトップとして決断をしなきゃいけない、というのは大変なことだよね。(昨季まで務めていた)二軍監督は選手の育成と一軍選手の予備をいかにつくれるか、ということが主な仕事だった。勝つための野球は一切やらない。でも、一軍は勝つための野球が基本。むしろそれだけでいい、とも言っていいくらい」

――責任が大きい、と。

「就任する前は、なかなか監督としての決断というものを理解できなかった。まあ、(昨季の監督代行は)星野監督という後ろ盾があったから17試合もね、『星野監督ならこういうサインを出すだろうな』と考えながら出来た。今もウチにSAで残ってくれてるわけだし、常に自分の背中には星野監督がいる、と思えるのは大きい。パニクって自分のことが出来ない、とかはないよ(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る