星野、安楽、松井裕 楽天デーブ監督が語るキーマンとの関係

公開日:  更新日:

 星野前監督(現SA=シニアアドバイザー)から禅譲され、今季から楽天の指揮を執る大久保博元監督(48)。開幕まで3週間を切り、あらためてチームのこと、星野SAとの関係などを聞いた。

――初の監督業は苦労が多いですか。

「チームのトップとして決断をしなきゃいけない、というのは大変なことだよね。(昨季まで務めていた)二軍監督は選手の育成と一軍選手の予備をいかにつくれるか、ということが主な仕事だった。勝つための野球は一切やらない。でも、一軍は勝つための野球が基本。むしろそれだけでいい、とも言っていいくらい」

――責任が大きい、と。

「就任する前は、なかなか監督としての決断というものを理解できなかった。まあ、(昨季の監督代行は)星野監督という後ろ盾があったから17試合もね、『星野監督ならこういうサインを出すだろうな』と考えながら出来た。今もウチにSAで残ってくれてるわけだし、常に自分の背中には星野監督がいる、と思えるのは大きい。パニクって自分のことが出来ない、とかはないよ(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る