星野、安楽、松井裕 楽天デーブ監督が語るキーマンとの関係

公開日: 更新日:

 星野前監督(現SA=シニアアドバイザー)から禅譲され、今季から楽天の指揮を執る大久保博元監督(48)。開幕まで3週間を切り、あらためてチームのこと、星野SAとの関係などを聞いた。

――初の監督業は苦労が多いですか。

「チームのトップとして決断をしなきゃいけない、というのは大変なことだよね。(昨季まで務めていた)二軍監督は選手の育成と一軍選手の予備をいかにつくれるか、ということが主な仕事だった。勝つための野球は一切やらない。でも、一軍は勝つための野球が基本。むしろそれだけでいい、とも言っていいくらい」

――責任が大きい、と。

「就任する前は、なかなか監督としての決断というものを理解できなかった。まあ、(昨季の監督代行は)星野監督という後ろ盾があったから17試合もね、『星野監督ならこういうサインを出すだろうな』と考えながら出来た。今もウチにSAで残ってくれてるわけだし、常に自分の背中には星野監督がいる、と思えるのは大きい。パニクって自分のことが出来ない、とかはないよ(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  2. 2

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  3. 3

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  6. 6

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  7. 7

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

  8. 8

    オリが獲得“282本男”ジョーンズにユーキリスの二の舞懸念

  9. 9

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  10. 10

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る