楽天 期待の松井裕樹が突然のリリーフ転向…正捕手・嶋の見解は?

公開日: 更新日:

【日刊ゲンダイ連載】 橋本清の取りたて直送便「本音を聞きたい」

 キャンプ序盤、正捕手の嶋基宏(30)はこう言っていました。

「先発陣の駒不足? ですよね。他球団と見比べ不安があるのは確か。則本に続く計算のできる先発投手が何とか3枚、揃ってくれれば……」

 昨年、最下位に沈んだ楽天はエースの則本昂大(24)が14勝を挙げたものの、2ケタ勝利をマークしたのはこの則本ひとり。塩見、辛島が8勝でこれに続き、その次が松井裕樹(19)の4勝ですから確かにしんどい。

「でも、松井には期待してるんです。去年は正直、ハチャメチャでしたよ。ボールはどこに行くか分からない、投げるときの体勢は崩れる……。それが今年はそういうのが全然ない。取り組む姿勢も変わってきた。投球練習後に毎回、『嶋さん、きょうはどうでした? 自分ではこういう感じなんですけど、嶋さんの目から見ると違いますか? どうですか?』と向こうから積極的に聞いてくる。2年目の余裕が出てきて、自信を持って臨んでいるのが伝わってきます。今年の松井には期待できますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  7. 7

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る