楽天 期待の松井裕樹が突然のリリーフ転向…正捕手・嶋の見解は?

公開日:  更新日:

【日刊ゲンダイ連載】 橋本清の取りたて直送便「本音を聞きたい」

 キャンプ序盤、正捕手の嶋基宏(30)はこう言っていました。

「先発陣の駒不足? ですよね。他球団と見比べ不安があるのは確か。則本に続く計算のできる先発投手が何とか3枚、揃ってくれれば……」

 昨年、最下位に沈んだ楽天はエースの則本昂大(24)が14勝を挙げたものの、2ケタ勝利をマークしたのはこの則本ひとり。塩見、辛島が8勝でこれに続き、その次が松井裕樹(19)の4勝ですから確かにしんどい。

「でも、松井には期待してるんです。去年は正直、ハチャメチャでしたよ。ボールはどこに行くか分からない、投げるときの体勢は崩れる……。それが今年はそういうのが全然ない。取り組む姿勢も変わってきた。投球練習後に毎回、『嶋さん、きょうはどうでした? 自分ではこういう感じなんですけど、嶋さんの目から見ると違いますか? どうですか?』と向こうから積極的に聞いてくる。2年目の余裕が出てきて、自信を持って臨んでいるのが伝わってきます。今年の松井には期待できますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る