• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最下位オリ糸井が吐露した「打撃不振の原因」と「主将の重圧」

【橋本清の取りたて直送便 “本音を聞きたい”】

 オリックスの糸井嘉男(33)に、ようやく本来の明るさが戻ってきました。

「会長から連絡もらってから調子が上がってきましたよ。電話でもラインでも、しょっちゅう連絡くださいよ、会長」

 なぜかボク(=橋本)を「会長」と呼ぶ糸井。もちろん、ボクの電話にそんな効果はありませんが、糸井の調子が上向いてきたのは事実です。

 前日までのここ9試合の成績は打率.324、2本塁打、9打点。開幕15試合で1割台に低迷していた打率は.252まで上がってきました。主砲の復調とともに、不振を極めていたチームもここ10試合で7勝3敗。少しずつ光が見えてきています。

 それにしても、糸井の不振は想定外でした。6年連続で3割以上をマークし、昨年は首位打者に輝いた安打製造機が悩みに悩みました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る