松井裕&安楽を蹴散らした 楽天・入野の「安月給」苦節7年

公開日: 更新日:

 楽天ドラフト5位ルーキー・入野貴大(26)がまた一歩、開幕一軍ローテーション入りに前進した。

 1日のソフトバンク戦。先発マウンドに上がった「オールドルーキー」は、序盤からほぼベストメンバーの打線を最速147キロの直球と落差のあるフォークで翻弄。3回無安打無失点(3三振1四球)に抑え、首脳陣に猛アピールした。

「最初は緊張したが、周りを見渡したら落ち着くことが出来た。今日は直球を軸に思い切って投げられたし、フォークもキレがあった。今後も与えられたチャンスを無駄にしないよう、しっかり投げていきたい」とは降板後の入野。高村投手コーチが「今後も結果を残せば(先発ローテには)入るはず」と太鼓判を押せば、大久保監督も「すごいのが出てきた」と満足げだ。

 昨年、ドラフトで楽天に指名されるまでは、独立リーグの四国アイランドリーグで計7年間(2008~12年は愛媛、13~14年は徳島)プレー。08年からコンスタントに成績を残してきたものの、中継ぎという地味な役割もあって、プロ志望にもかかわらず一向に声はかからなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

もっと見る