松井裕&安楽を蹴散らした 楽天・入野の「安月給」苦節7年

公開日:  更新日:

 楽天のドラフト5位ルーキー・入野貴大(26)がまた一歩、開幕一軍ローテーション入りに前進した。

 1日のソフトバンク戦。先発マウンドに上がった「オールドルーキー」は、序盤からほぼベストメンバーの打線を最速147キロの直球と落差のあるフォークで翻弄。3回無安打無失点(3三振1四球)に抑え、首脳陣に猛アピールした。

「最初は緊張したが、周りを見渡したら落ち着くことが出来た。今日は直球を軸に思い切って投げられたし、フォークもキレがあった。今後も与えられたチャンスを無駄にしないよう、しっかり投げていきたい」とは降板後の入野。高村投手コーチが「今後も結果を残せば(先発ローテには)入るはず」と太鼓判を押せば、大久保監督も「すごいのが出てきた」と満足げだ。

 昨年、ドラフトで楽天に指名されるまでは、独立リーグの四国アイランドリーグで計7年間(2008~12年は愛媛、13~14年は徳島)プレー。08年からコンスタントに成績を残してきたものの、中継ぎという地味な役割もあって、プロ志望にもかかわらず一向に声はかからなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る