松井裕&安楽を蹴散らした 楽天・入野の「安月給」苦節7年

公開日: 更新日:

 楽天のドラフト5位ルーキー・入野貴大(26)がまた一歩、開幕一軍ローテーション入りに前進した。

 1日のソフトバンク戦。先発マウンドに上がった「オールドルーキー」は、序盤からほぼベストメンバーの打線を最速147キロの直球と落差のあるフォークで翻弄。3回無安打無失点(3三振1四球)に抑え、首脳陣に猛アピールした。

「最初は緊張したが、周りを見渡したら落ち着くことが出来た。今日は直球を軸に思い切って投げられたし、フォークもキレがあった。今後も与えられたチャンスを無駄にしないよう、しっかり投げていきたい」とは降板後の入野。高村投手コーチが「今後も結果を残せば(先発ローテには)入るはず」と太鼓判を押せば、大久保監督も「すごいのが出てきた」と満足げだ。

 昨年、ドラフトで楽天に指名されるまでは、独立リーグの四国アイランドリーグで計7年間(2008~12年は愛媛、13~14年は徳島)プレー。08年からコンスタントに成績を残してきたものの、中継ぎという地味な役割もあって、プロ志望にもかかわらず一向に声はかからなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  6. 6

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  7. 7

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る