• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

参加者増やす東京マラソンは「新国立」の“食い物”にされる

投稿日:  更新日:

 関係者にとっては「垂涎の的」だ。

 30日、東京マラソン財団は理事会を開催。10回の記念大会となる来年のレースでは、一般ランナー(今年の参加費1万円)の参加者数を従来の3万5500人から1000人増となる3万6500人とすることなどを決めた。これまでは「準エリート」として、提携する国内大会の上位者を招待してきたが、来年は海外レースも対象となる。

 東京マラソンは規模もスポンサー収入も国内屈指の大レースだ。現在の運営状況では最大で3万7000人の参加が可能だという。昨年度の東京マラソン財団の事業活動収入は約26億円。今後、参加者が増えれば現在27社あるスポンサー企業はさらに増えることも考えられ、ジリ貧の国内レースが多い中、ますます潤いそうだが、首都で行われるドル箱レースを政治家や役人が放っておくはずがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  3. 3

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

もっと見る