「役割が全く見えない」日本ゴルフ協会の新体制に疑問の声

公開日: 更新日:

 1994年、オークモントCCの全米オープンを取材に行ったときのことを思い出す。開催コースのすぐ近くをフリーウエーが通っていて、その近くには出口がないので、かなり行ってから一般道を戻ってこなければならなかった。ところが、試合のときはコースのすぐ横に臨時の出口が設けられていた。全米オープンは国を挙げて開催されているのだということを実感した。

 アメリカのゴルフ雑誌が「世界の4大競技の中で一番欲しいタイトルは?」というアンケートを欧米の選手に取ったことがある。それによると全米オープンがダントツで、続いて全英オープン、日本で人気のあるマスターズは3位であった。

 それなのに「米ツアーに専念したい」といって、アメリカで戦っている松山英樹石川遼は2年続けて日本オープンに出場していない。今の若者には日本オープンは特別の試合ではなくなってしまっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  3. 3

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る