• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「役割が全く見えない」日本ゴルフ協会の新体制に疑問の声

 1994年、オークモントCCの全米オープンを取材に行ったときのことを思い出す。開催コースのすぐ近くをフリーウエーが通っていて、その近くには出口がないので、かなり行ってから一般道を戻ってこなければならなかった。ところが、試合のときはコースのすぐ横に臨時の出口が設けられていた。全米オープンは国を挙げて開催されているのだということを実感した。

 アメリカのゴルフ雑誌が「世界の4大競技の中で一番欲しいタイトルは?」というアンケートを欧米の選手に取ったことがある。それによると全米オープンがダントツで、続いて全英オープン、日本で人気のあるマスターズは3位であった。

 それなのに「米ツアーに専念したい」といって、アメリカで戦っている松山英樹と石川遼は2年続けて日本オープンに出場していない。今の若者には日本オープンは特別の試合ではなくなってしまっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る