日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“品位低下”著しいプロキャディーにジャーナリストが苦言

 ゴルフ規則によれば、キャディーの定義は「規則にしたがってプレーヤーを助ける人」とされている。プレーヤーのバッグやクラブを運び、時には選手がプレーしやすいようアドバイスしたり、サポートしたりすることもある。

 ただし、あくまでも常に選手を立て、黒子に徹するのが本来の仕事。選手を差し置いて出しゃばったり、注目されるようではキャディー失格なのだ。

 だが、最近ではプロキャディーの“暴走”が目に余る。クラブハウス常駐のキャディーさんではなく、プロと一緒にツアーを転戦するプロキャディーのことだ。5月には藤田光里(20)と帯同する大江順一キャディー(36)が中京テレビ・ブリヂストンのプロアマ戦で口論になり、日本女子プロゴルフ協会から2週間の職務停止処分を受けた。プロアマ戦の最中に、大事なゲストの前でプロと喧嘩するなど言語道断だ。そもそも日本のツアーでキャディーを名乗るには、資格は何もいらない。そんなプロキャディーがエラソーな顔をして、大手を振ってツアー会場でのさばっているのだ。しかも、身だしなみも悪い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事