500ヤード超のパー4続出? 全米OP示すトーナメントの将来

公開日:  更新日:

 選手が文句タラタラで幕を閉じた今年の全米オープン。会場(米ワシントン州・チェンバーズベイGC=7600ヤード前後・パー70)のグリーンはフェスキューにポアナ芝が混じってボコボコ。ボールは左右に揺れて、カップ直前にポアナ芝に蹴られるシーンが何度もテレビに映し出された。

 メジャーの舞台としてはお粗末な点も多かったが、主催の全米ゴルフ協会(USGA)は選手から最高の技を引き出すためにいろいろと工夫を凝らしていた点も見逃せない。

 例えば、伸び続ける飛距離対策として、500ヤードを超えるパー4を6つも設定。最終日の18番パー5は601ヤードもあった。それでも2打でグリーンに乗せる選手は多く、平均スコアは4.720。近い将来、600ヤードのパー4や700ヤード超のパー5が当たり前になるかもしれない。

 メジャーの取材経験が豊富なゴルフライターの吉川英三郎氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  5. 5

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る