500ヤード超のパー4続出? 全米OP示すトーナメントの将来

公開日: 更新日:

 選手が文句タラタラで幕を閉じた今年の全米オープン。会場(米ワシントン州・チェンバーズベイGC=7600ヤード前後・パー70)のグリーンはフェスキューにポアナ芝が混じってボコボコ。ボールは左右に揺れて、カップ直前にポアナ芝に蹴られるシーンが何度もテレビに映し出された。

 メジャーの舞台としてはお粗末な点も多かったが、主催の全米ゴルフ協会(USGA)は選手から最高の技を引き出すためにいろいろと工夫を凝らしていた点も見逃せない。

 例えば、伸び続ける飛距離対策として、500ヤードを超えるパー4を6つも設定。最終日の18番パー5は601ヤードもあった。それでも2打でグリーンに乗せる選手は多く、平均スコアは4.720。近い将来、600ヤードのパー4や700ヤード超のパー5が当たり前になるかもしれない。

 メジャーの取材経験が豊富なゴルフライターの吉川英三郎氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  10. 10

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

もっと見る