JGA“ゴルフ離れ”傍観 日本OPのコースはやさしくなるばかり

公開日:  更新日:

 全米オープンといえば米国東部の名門クラブを中心に開催されてきた。

 ところが、2008年トーリーパインズ、09年ベスページステートパーク・ブラック(02年も開催)と2年続けて公営のコースで開催されたあたりから名門離れが始まっていた。ちなみに過去5回開催のペブルビーチゴルフリンクスもパブリックではあるが、こちらは公営ではない。

 そして今年はチェンバーズベイという聞いたこともないようなリンクスを思わせるパブリックコースで開催された。この後も21年まで全米オープンの開催コースは決まっていて、何と1年おきに公営のパブリックコースで開催されることになっている。

 世界的にゴルフ人口が減っていて、アメリカもその例外ではない。名門クラブだけでなく、誰でも気楽にプレーできる公営のコースで、なおかついままで見たことのないようなタフなコースで全米オープンを開催することによって若い人たちにもゴルフをやってもらおうという狙いがあるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る