優勝よりシード確保…2位今平のゴルフに「プロ失格」の声

公開日:  更新日:

【セガサミーカップ】(北海道ザ・ノースカントリーGC=7167ヤード・パー72)

 3位発進の岩田寛(34)が6バーディー、ノーボギーの「66」で回り、逆転優勝(通算2勝目)した今大会。

「18番はすごい勉強になりました。(優勝争いをしていた)今平君が刻んだので、パーで90%くらい優勝すると思ったんですけど、ロングなのにパーでいいという難しさが勉強になりました」

 ホールアウト後のテレビインタビューで岩田はこう語ったものの、終始ブスッとした表情。小さな声でボソボソしゃべって、うれしいのかうれしくないのかもハッキリしなかった。

 今週は、22歳の今平周吾がいいゴルフを見せた。16番パー3でピン手前4メートルからバーディーを決め、首位に立つ岩田に1打差に迫った。続く17番パー4で今度は岩田が入れ返し、再び2打差。そして迎えた18番パー5で、今平のティーショットは右ラフ。岩田に追いつくためには、2オンしてイーグルを狙わなければならない場面だったが、今平はアイアンを取り出し、レイアップ。3打目をピンそば50センチにつけてバーディーを奪うも結局、パーセーブの岩田に1打及ばず、2位に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る