日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

優勝よりシード確保…2位今平のゴルフに「プロ失格」の声

【セガサミーカップ】(北海道ザ・ノースカントリーGC=7167ヤード・パー72)

 3位発進の岩田寛(34)が6バーディー、ノーボギーの「66」で回り、逆転優勝(通算2勝目)した今大会。

「18番はすごい勉強になりました。(優勝争いをしていた)今平君が刻んだので、パーで90%くらい優勝すると思ったんですけど、ロングなのにパーでいいという難しさが勉強になりました」

 ホールアウト後のテレビインタビューで岩田はこう語ったものの、終始ブスッとした表情。小さな声でボソボソしゃべって、うれしいのかうれしくないのかもハッキリしなかった。

 今週は、22歳の今平周吾がいいゴルフを見せた。16番パー3でピン手前4メートルからバーディーを決め、首位に立つ岩田に1打差に迫った。続く17番パー4で今度は岩田が入れ返し、再び2打差。そして迎えた18番パー5で、今平のティーショットは右ラフ。岩田に追いつくためには、2オンしてイーグルを狙わなければならない場面だったが、今平はアイアンを取り出し、レイアップ。3打目をピンそば50センチにつけてバーディーを奪うも結局、パーセーブの岩田に1打及ばず、2位に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事