• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人撃破のベイ 初登板石田をスパッと諦めたベンチの好判断

「凄い集中力。ビッグイニングをつくって、久しぶりに気持ちいいゲームだった」

 DeNAの中畑監督は開口一番こう言った。

 14日の巨人戦。プロ初登板初先発となったドラフト2位ルーキー・石田健大(22=法大)は、ストレートこそ最速145キロと走っていたが、変化球にキレを欠き、三回までに3失点。四回を3者凡退に抑えて、立ち直る気配を見せた直後、中畑監督が動いた。嶺井の適時三塁打で2点を返し、なお2死三塁の好機で石田をスパッと諦め、代打に柳田を送った。

 その柳田が同点打を放つと、五回には自慢の打線が大爆発。筒香の勝ち越し2ランを皮切りに05年以来、10年ぶりの1イニング3本塁打を放つなど、打者12人の猛攻で一挙7得点を挙げ、巨人を叩き潰した。

 チームは06年以来9年ぶりの巨人戦5連勝。首位に0.5差に迫った。対戦成績も7勝5敗。熾烈な首位争いが続く中、前年覇者に対して優位な立場に立った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る