日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季交流戦の象徴 DeNAをア然とさせたSB五十嵐の“叫び”

「勝負! 勝負!」

 雄たけびのような声がDeNAベンチまで響いた。

 6月2日の対DeNA戦。ソフトバンクが1点リードで迎えた七回裏だった。セットアッパー五十嵐亮太が先頭の荒波に二塁打を許すも、続く高城を三振。ここでDeNAは代打に筒香を送る。一塁が空いているため、ベンチの工藤監督は敬遠を指示。五十嵐が鬼の形相で声を上げたのは、佐藤投手コーチがマウンドに向かった時だった。

 佐藤コーチは苦笑いを浮かべながらベンチへ引き返す。五十嵐の気迫に根負けしたようだった。そこから圧巻の投球が始まる。筒香を外角高めのストレートで空振り三振に仕留めると、続く石川を宝刀・ナックルカーブで二ゴロ。力でねじ伏せた。

「五十嵐さんの『勝負』と言う声がベンチまで聞こえてきた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事