右腕に7度メスを入れ復活 ヤクルト館山語るリハビリの辛苦

公開日: 更新日:

「今は先は見ていない。必要とされるまでやりたいという気持ちしかありません」

 こう語るのは、ヤクルトの館山。09年の最多勝を獲得するなど、エースとしてチームを牽引した右腕は昨年4月、自身3度目となる「トミー・ジョン手術」を受けた。リハビリを重ね、6月28日の巨人戦で814日ぶりの一軍登板を果たすと、11日のDeNA戦で実に1019日ぶりに勝利した。不屈の男を直撃した。

――13年、14年と2年連続の「トミー・ジョン手術」を経て復活し「2年間、時が止まっていた」と言ってましたね。リハビリで一番つらかったことは何ですか?

「すべてですかね。中でもつらいのは手術と診断されて実際にメスが入るまでの期間。リハビリが始まれば日々の変化を楽しめ、成長も感じられるんですけど、これから再び肘の痛みと闘うんだと考えると……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  11. 10

    木下優樹菜 引退後の人生行路は波高し 事務所もサジ投げた

もっと見る