日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

右腕に7度メスを入れ復活 ヤクルト館山語るリハビリの辛苦

「今は先は見ていない。必要とされるまでやりたいという気持ちしかありません」

 こう語るのは、ヤクルトの館山。09年の最多勝を獲得するなど、エースとしてチームを牽引した右腕は昨年4月、自身3度目となる「トミー・ジョン手術」を受けた。リハビリを重ね、6月28日の巨人戦で814日ぶりの一軍登板を果たすと、11日のDeNA戦で実に1019日ぶりに勝利した。不屈の男を直撃した。

――13年、14年と2年連続の「トミー・ジョン手術」を経て復活し「2年間、時が止まっていた」と言ってましたね。リハビリで一番つらかったことは何ですか?

「すべてですかね。中でもつらいのは手術と診断されて実際にメスが入るまでの期間。リハビリが始まれば日々の変化を楽しめ、成長も感じられるんですけど、これから再び肘の痛みと闘うんだと考えると……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事