貯金0の阪神、ヤクルトが同率首位 “混セ”まだまだ続く理由

公開日:  更新日:

 セの首位がまた代わった。

 22日に2位阪神が巨人との直接対決を制し、今月5日以来のリーグトップに浮上。この日はDeNAを下した3位ヤクルトまでも、同率首位に躍り出た。

 セは6球団全てが貯金ゼロか借金生活。1位から最下位中日まではわずか4ゲームしか差がない。パに叩きのめされた交流戦後から、わずか1カ月強。たったそれだけの間に、4球団が入れ代わり立ち代わりでトップになっているのだから、面白いやらバカバカしいやら。DeNAも球宴前に首位を奪ったはいいが、後半戦が始まるや3連敗で4位に転落である。

 まるで意図してやっているかのごとく、混戦から抜け出すチームは皆無。むしろセは6球団が申し合わせて、わざとこの泥仕合を演出しているとすら思えてくるのだ。

 ダンゴ状態のメリットは観客動員数だ。なにせ、昨日までBクラスにいたおらがチームが、明日は頂点に立っていてもおかしくないのが現在のセ。応援するファンからすれば、1試合たりとも目が離せない。たとえ、かりそめの首位でも、その日はうまい酒が飲める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る