• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

貯金0の阪神、ヤクルトが同率首位 “混セ”まだまだ続く理由

 セの首位がまた代わった。

 22日に2位阪神が巨人との直接対決を制し、今月5日以来のリーグトップに浮上。この日はDeNAを下した3位ヤクルトまでも、同率首位に躍り出た。

 セは6球団全てが貯金ゼロか借金生活。1位から最下位中日まではわずか4ゲームしか差がない。パに叩きのめされた交流戦後から、わずか1カ月強。たったそれだけの間に、4球団が入れ代わり立ち代わりでトップになっているのだから、面白いやらバカバカしいやら。DeNAも球宴前に首位を奪ったはいいが、後半戦が始まるや3連敗で4位に転落である。

 まるで意図してやっているかのごとく、混戦から抜け出すチームは皆無。むしろセは6球団が申し合わせて、わざとこの泥仕合を演出しているとすら思えてくるのだ。

 ダンゴ状態のメリットは観客動員数だ。なにせ、昨日までBクラスにいたおらがチームが、明日は頂点に立っていてもおかしくないのが現在のセ。応援するファンからすれば、1試合たりとも目が離せない。たとえ、かりそめの首位でも、その日はうまい酒が飲める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  4. 4

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る